末広がり






毎年、昨年1年間に撮った写真の中で、自分でイイナと思うものをピックアップし

壁に貼り付けているのだけれど、去年は撮った枚数が少なかったなぁーと気付いた。

なので、今年の目標は、もっとたくさんの写真を撮ること。

2017年、こんにちは。

明けましておめでとうございます。

家族でゆったり過ごしたお正月は、あっという間に終わってしまった。

楽しい時間はいつだって、すぐに過ぎ去ってゆくのだよね。

去年は喪中だったので神社にもいかなかったけれど、今年はちゃんと初詣に行き

おみくじをひいたら、末吉。

ゲっと思ったけれど、内容的にはさほど悪いことは書かれていなかったし

末吉の立ち位置はどの辺りなんだいと思い調べたら、かなり下の方だったけれど

末広がりの意味もあるとおり、これから運勢が良くなっていくという意味があり

決して悪いものではない、ということだった。よし。

バーゲンで洋服もゲットできたし、これから良い事しか起こらないという

根拠はないけれど、そんな自信だけはある。

フィルムで何枚か写真も撮ったし、今年も楽しく満たされたお正月でした。

明日からまたお仕事。

働けていることに感謝しつつ、新たな一年も楽しく過ごしていこう。




スポンサーサイト

2017.01.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

君にありがとう






誕生日には、君からもらったアルバムを見返す。

写真とコトバと。

お手紙も見返す。

綴ってあるコトバを読んで、当時を懐かしく思い返す。

お互いの誕生日に、お互いがおめでとうと送りあえる

その関係が続いている事が、本当に嬉しいし、本当に幸せなことだと思う。

君が君で居てくれるから、それだけで特別。

ことりっぷを買ってきた。

今から旅行が楽しみで仕方ない。

カメラを持って、写真も撮って。

呼んでくれて、ありがとう。

何の気無しに言ってくれたんだろうけど、こちらはビックリすると同時に

心の底から、嬉しかったです。




2016.03.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

ベーグルと秋風





ここ最近、休日は殆ど試験勉強に費やしてきたから、のんびり外出はひさしぶり。

ひとりでも入りやすいお気に入りのベーグル屋さんに行き、サーモンとクリームチーズのベーグル食べてきた。

ベーグル生地の種類も選べて、わたしは健康的にほうれんそうをチョイス。

レタッチでハイキーにしちゃったので、写真じゃわからないけど、しっかり生地は緑色でした。

しかもベーグルあったかくって美味し。サーモン大好き、チーズ大好き。大好きなものを食べれるシアワセ。

食後はカメラさげてお散歩し、秋の爽やかな風が肌にとっても心地よく気持ちよかったので

このままずっと歩いていたい気分になり、電車を使わず徒歩で地元まで帰り、結局撮ったのは地元で。

枚数は相変わらずわずかだけれど、久々に図書館にも行き本も借りてこれて、至極満足。

誰の、とは決めてなかったけど小説を読みたかったので、借りてきたのは闇を抱えた男女のストーリー。

まっとうな世界では生きられない人達の、ちょっと暗めのお話し。

そーゆーストーリーに少なからず惹かれてしまうのは、わたしも闇のようなものが心にあるからなのかな

とか思ってみたり。ま、そんなの誰だって抱えてるんだろうけど。

このまま一晩ずーっと読み耽っていたいけれども、ども。。

勉強はちゃっちゃと終わらせて、今宵は読書に勤しもうかな。

自分ご褒美、第二段。



2014.10.11 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

唯一の





大阪・神戸・京都と3都市をめぐってきた。

友人にあちこち連れて行ってもらい、写真を撮り美味しいものを食べ

たくさんおしゃべりをし、そして色々考えたり感じたりした。

今回は友人ふたりと、各都市で会えたことは、本当に贅沢な旅行だったなと思う。

わたしにはコレといって自慢できるものは無いけれど

ひとつ唯一あげるなら、良き友人たちに恵まれていること。

数は決して多くはないけれど、それぞれの友人と深いところで繋がっている。

友人たちはわたしの財産であり、宝だと思う。

明日のフィルム現像が、今からとっても楽しみです。



2014.07.13 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

photo day





写真仲間の友達が参加してる写真展に行ってきた。

どの方の写真も本当に、それぞれ「ステキだなー」と思うような写真ばかりで

ゆっくり視させてもらった。

撮影者それぞれが、それぞれの想いや目線で撮られた写真達は

わたしにとってはどれも良く、どれも素敵で、その中で「この写真が一番」だなんて

優劣などつけられない、と思い、一番良いと思った作品に投票する、というコーナーもあったのだけど

そこは敢えて誰にも投票しなかった。

わたしの中で写真の位置づけは、誰かと競うものじゃない。

誰かに「あなたの写真は一番だ」と決めてもらうものでもない。

あるとするなら、優劣をつけるやりかたではなく、大勢の人に視てもらい

誰かに何かを感じてもらったり、感想をもらったりする、そんなやり方だと思う。

やっぱり写真展って良いな、と思いつつ、友達に会ったときに

「写真展見に行ってきたけど、あの写真すごく良かった」って伝えたいなって思った。

そしてわたしは、一緒に視に行った友人を撮らせてもらい、なかなかに満足しました。

そんなphoto dayな休日。



2014.07.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR