豊かな人生






週末、友達とランチに行ってきた。

以前別の友達と飲んだ後、スイーツを食べたくて入った星野珈琲で

ランチメニューの美味しそうなのを見つけ、今度はランチで行くぞ!

と心に決めていたので、トキメキながら行ってきた。

レトロで落ち着いた静かな店内も、懐かしい味の焼きカレーも

デザートで食べたパンケーキも

どれも美味しく心を満たす程の、満足感だった。

友達とのおしゃべりも、年齢を重ねるほどシリアスな

けれど、これからお互い我が身に訪れるであろう現実問題だったり

人生についてのことだったり、色々。

わたしは人から物事や考え方を押し付けられるのが、昔から好まない性格なので

大抵のことに関して自分自身で決めてきて、なので我が強いのだろうと思っていたけれど

友達曰く、我が強いのではなく芯がしっかりしてるのだと言われて、とても嬉しかった。

今は以前みたいに何かを深く考えるということを敢えてせず、逆に考えないようにしている。

何かを深く考える人ほど偉くカッコ良く賢い、と思い込んでいたけれど、そんなコトは全くなく

何も考えていない(ように見える)人のほうが、のほほんと幸せそうにしているし

自分自身が幸せで楽しくて、心が満たされていることの方が

偉くカッコ良く賢いことよりも、わたしにとっては大切で、意味があることだと、気付いたから。

離婚していて病気になって、そんな人生の「過程」だけを抜粋して見るならば

不幸続きだと思う人のほうが多いだろうけど、友達にもこの前話したけれど

そんな表面上のことだけで人の幸・不幸などを図れるほど、単純なことではなくて。

わたしは病気をしたことでメンタル面で救われて、生きていく希望や生きていることの素晴らしさ

前向き思考を取り戻すことができた。

わたしの中の幸せの感度は、わたし自身が決めることであって

わたしの人生を歩んできていない他人が、人の幸・不幸を決められる問題じゃない。

わたしだけに限らず、一般的に不幸だとされる経験をした人皆に言えることであって

その渦中に居る時は考えが凝り固まってしまっているだろうから、きっと分からず気づけないだろうけど

その経験をしたずっと後になると、また違った考え方や捉え方ができると思う。

わたしはわたしの経験したことで、学ぶことがたくさんあった。気づくことがたくさんあった。

これからだって、もっとゆるく好い加減に楽しく生きていくことを、心に決めている。

何かと引き換えにしないと、何かを手にできないなんてことはないし

いつも頑張っていないと、手に入れられないものなんてないし

そーゆーことじゃなく、「今」のことに目を向けて「今あるもの」に目を向ければ

幸せなことなんて、たくさんある。

そのことに気づけるか気付けないかの違いだけで、人生が違ってくるのだから

わたしは豊かで幸せな人生を送っているのだと、胸を張って言い切れる。

そんなことを考えたりした、友達とのおしゃべりでした。




スポンサーサイト

2018.02.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

寒い冬






今年の冬はとても寒い。

先週は4年ぶりで、都内でも積もるほどの雪が降ったことを始め

朝は氷点下、霜柱が降りるほどの極寒で、カイロを貼る日も多い。

まぁ冬だからね、寒いのはしょうがないよね、と何となく受け入れている感じ。

病院での定期的な血液検査と診察に行ったり、両親と箱根温泉旅行に行ったり

右側だけ腰痛になったり、祖母が亡くなったり、色々ある日々でした。

色々ある日々の中で思うことも色々あるけど、まず家族との時間がやっぱり大事だし

両親も自分も歳を重ねたことで、一緒にいる時間が以前より楽しく感じられるようになったし

それはやっぱり幸せで、大切なことなんだと思う。

温泉旅行では宿泊した宿のお客さんが、珍しく年齢層が若い人たちで、カップルも見かけたし

若い家族もいたけれど、そんなこと今の私は全く気にかけることなく、逆に

この歳で両親と一緒に旅行できている自分は、なんて幸せなんだろうと実感した。

無いものではなく、今自分が手にしてるもの、あるものに意識を向けると、

考え方や捉え方が全く変わってくる。

毎日が平穏で幸せ。それに尽きる。

とりあえず、この割と本気な腰痛だけ、なんとかして欲しい。

今のところ、それくらい。




2018.01.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

2018年スタート





明けましておめでとうございます。

今年も気の向くまま、つらつらと書いていこうと思います。

年末年始、今年も家族とゆっくり過ごせて幸せだった。

今回の紅白は、ウッチャンの司会の上手さに感動しまくりで

毎年彼が司会をしてくれれば良いのにと思う程、本当に良かった。

年が明けて、姉とふたりでバーゲンに行き、お互いなんとなく気に入ったものを購入し

そう言えば買い物に誰かと一緒に行くのなんて、本当に久しぶりだなぁと思ったのと

洋服選びで散々失敗した経験を生かして探していると、ナカナカひっかかるモノに出会えず

ま、いっか的に選んだセーターを購入した。

帰り道、目の前にデッカイまん丸の大きな月がハッキリ見えて

そう言えばこれは、スーパームーンという噂の月ではないかと思い出し

こんな美しい月を、買い物の帰りすがら、しかも新年早々に姉とふたりで見れたことが

とても幸運で幸せなことだと喜びまくって、帰宅した。

お酒も量は全然少ないけど毎日飲み、そこそこの食事をし、若干重たくなった身体で

年明け初仕事を迎えた。幸せこの上ない。

体重も今じゃすっかり元に戻り、せっかく痩せたのに・・という気持ちもあるものの

健康的に痩せたワケじゃないから、今くらいでちょうど良いじゃないかと、思うようにしてる。

病気をしてから体重の変化には、美容的な観点からではなく健康面での観点から

毎日体重計に乗って気にしているのだけれど、やっぱり食べる量に気を付け

お菓子を食べ過ぎないことが、すごく大事だと実感する。

今年も健康第一で、家族の時間を大切にし、友達ともたくさん遊んで

大切な人たちの写真を、撮っていきたいと思う。




2018.01.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

あっという間に年末

000015_convert_20171230125347.jpg




前回の記事を書いてから、美容院に行ったり、友達に会ったり忘年会したり

病院に行ったり、家族とクリスマス会をしたり、買い物に行ったり

大掃除をしたりしてたら、なかなか余裕がなく、あっという間に30日を迎えてしまった。

先月の大腸内視鏡検査の時、先生から、組織の一部を採取したので病理検査に出すから

またその結果を聞きに来てください、と言われていて、大丈夫だろうと思いつつ

組織を採ったってことは、なんかあったのかな・・と多少の不安もあり、結果を聞きに行ったら

心配することは無いので大丈夫だと、先生に言われて、ホッとひと安心した。

これで心から安心して新しい年を迎えられる。

今年一年振り返ると、一番の想い出はやっぱり、両親と行ったハワイ旅行。

自分も病気をしたり、両親もだんだん歳を重ねてくると、「今、此処」に意識が強く向くし

一緒に過ごす時間や日常の何気ない瞬間、楽しい時、それらを本当に大切なものだと

愛おしく感じるようになった。「今」は二度とは訪れない時間であり、だからこそ

「今」あるこの時間を、きちんと味わい尽くそうという、強い気持ち。

年明けに人工肛門閉鎖手術をして、お腹から袋が外れて、元の身体に戻ったことから始まり

今年も幸せで楽しい一年だった。

そして元気に40代を迎えられたことで、30代の時にしんどかったこと全てから解放され

今思うと当時のことさえも、大事な自分の人生を彩る一部だったのだなと

少し俯瞰して、捉えられるようになった。

これからも続く長い人生の中で、苦しいことや辛いことが起こったとしても

大切なのは、そこで自分の人生を他人と比べて、腐らないこと

どのタイミングで試練が訪れるかは、きっと人それぞれで、早い段階の人もいれば

人生後半戦で訪れる人だっていると思う。

わたしの場合は30代という、比較的早い段階で訪れたことで、多少の心の耐性はついたし

もう後は良いことしか起こらないだろうという、妙な自信も生まれた。

何よりも、生きていくことに希望を持てたこと、生きていることに心からの喜びを持てたことが

試練を通ったあとに得られた、最大級の贈り物だと思っている。

幸せを測る時に必要なのは、今自分が何を手にしているか、ではなく

今自分が得ているものの中で、いかに幸せを感じられる心を持てるか、なんだということを

強く学んだ一年だったようにも思う。

この気持ちを書き綴ることで、今後もしまた試練が自分自身に降りかかったとしても

それを少しでも楽に超えていける、お守りにしたいと思う。

それでは、皆さんも心温まる年末年始をお過ごしください。

今年も一年、ありがとう。




2017.12.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

初めてのハワイ






ハワイなんて日本人だらけだし、米ドルだから物価が高いし

正直行きたい気持ちにもならなかったのだけれど

父の親戚がハワイに住んでいることがキッカケになり、是非ハワイに行こう

計画が両親の中で盛り上がり、もちろん空港や現地での各種手続き等

両親だけですることは困難なので、わたしも同行するカタチになった。

両親との海外旅行は実は今回で4度目だし、今回はわたしの意に反する国だったけれど

病気をしたことでかけた迷惑に対する恩返し、そして親孝行になれば良いなという気持ちから

また自分自身も海外旅行は本当に久しぶりで、どれだけ久しぶりなのかというと

自分が海外に行く、又は住んでいるという設定の夢を、ここ数年ずっと見ていたことから

海外旅行に行けるという嬉しい気持ちが、少しずつ高ぶっていった。

父の希望は、使う航空機は日系の会社であること、そして海の見える部屋。

また両親それぞれの行きたい場所があり、それらは各種オプショナルツアーで申し込んだ。

旅行会社で航空機とホテルのセットツアーで予約をしたのだけれど、日本航空の

プレミアムエコノミーシート、での予約となった。

最近できたシートらしく、ビジネスよりは劣るけれど、エコノミーより多少は良い席らしく

確かにシートの感覚はエコノミーみたいに窮屈ではなく、ゆったりした感じで

高齢の両親には長い飛行時間を快適に過ごせたようで、ふたりともとてもご満悦だった。

しかもプレミアムエコノミーシートの乗客は、出発前の空港で専用のラウンジを利用でき

その広く落ち着いた素敵な空間では、お酒を含めたドリンクや、ちょっとしたクッキーやおつまみが

自由に無料で飲み食いできるという、リッチで夢のような気分を味わえる特典があった。

両親のためにと思っていた旅行だったけれど、最終的には自分も思っていた以上に楽しんでこれた

ハワイ旅行だった。

20代の頃はタイにはまり年に数回は行っていたし、その後もワーホリでニュージーランドに行ったり

オーストラリアに行ったりしていたので、海外に行くということは自分自身にとっては

とても身近なことであり、それはもはや生活の一部になっている状態だった。

なので数年海外に行かなかっただけで、きっと自分の中の何かが欠乏していると

無意識のうちに感じていたのかもしれない、だからずっと海外に自分がいる夢を

見続けてきたんだと思う。

ハワイ旅行の詳細は、また後日に。




2017.12.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR