無くしたものと得たもの。

000010_convert_20120328211013.jpg



あの時があったから今がある。

あの時がなかったら今はない。

そう分かっていても無くしたくはなかった。

本当は頑張りたかった。乗り越えたかった。

消えない想い抱えながら、それでも進んでゆく。



スポンサーサイト

2012.03.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

シンプルに。

022_convert_20120325171520.jpg



生活していると何かと物が増えてゆく。

洋服や本や雑貨とか色々。

少なすぎても不便だけれど、物が多いとイラっとすることの方が多い。

本当に必要な物、大切な物、残しておきたい物、の選別をきちんとできたら

もっとシンプルに生活できる気がする。



2012.03.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

若い胃袋。






最近、肉より魚を食べたいと思うようになったと、先日友人たちが言っていた。

お刺身や焼き魚の方が良いと言う。

そう言えば別の友人も、揚げ物や油物を食べると胸焼けがすると言っていた。

魚より肉、揚げ物も油物も大好きで胸焼け知らずであると告げると

胃袋が若いんだねと言われた。

胃袋だけでも若いと言われたことが、ちょっと嬉しかった。



2012.03.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

ふれあい。

000010_convert_20120323191228.jpg



定期的なのかどうかは分からないけれど、想いや思考が過去にさかのぼり

気持ちがどうにも持ち上がらなくなる時期が時々訪れる。

そんな気分をぬぐい去ってくれるのが、友人や親しい人とのふれあい。

外に出かけおしゃべりをする。好きなことをする。文字で心を通わせる。

そうしているうちに少しずつ、いつもの自分を取り戻していく。



2012.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

其処にあるもの。

000027_convert_20120318030226.jpg



例えば隣りにすきな人が居て、その人に『手をつないで』と言ったとする。

そうしてその人が手をつないでくれたとしても、其処に愛がなければ

つないだ手から感じるものなど何もない。

むしろ一緒に居ることに深い悲しみを感じる。

其処にあるものに心が伴わなければ、それは無いに等しい。



2012.03.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

記憶の中のイメージ。

000030_convert_20120314222044.jpg



フィルム写真はデジタルのそれと明らかに違う。

それは『風合い』の違いという言い方もできるけれど

フィルム写真は、自分の記憶の中でぼんやりと思い起こすイメージに

とても近いような気がする。

『想い出』『記憶』『欠片』。

フィルム写真にはそんな言葉が似合うように思う。



2012.03.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 つぶやき

old

繧「繝ウ繝・ぅ繝シ繧ッ繧キ繝ァ繝・・_convert_20120308193702



少し前に念願のフィルム一眼レフカメラを中古で購入しました。

フィルムの巻き上げも手作業、オートでカメラ任せにするのでなく

撮影者の意思で全てを操作をする、このフィルム一眼レフというカメラに

心底はまってしまいました。

そしてそのデザイン性。

古いカメラ独特のカッコ良さに、惚れ惚れしているこの頃です。



2012.03.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 つぶやき

It's coming






しとしとと降る雨の中、春色を見つけてきました。

まだまだ寒い日は続いていますが

季節の移り変わりはいつもこうして、草木や花々が教えてくれます。

今月は友人と会う機会も多くなりそうなので、春の訪れと共に今から楽しみです。



2012.03.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | GR日常

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR