old trench coat






母が若かりし頃に着ていたトレンチコート。

昔お気に入りだった洋服を、何十年もずっと大切にとっているような人なので

ずっと昔のコートだけれど、状態はとても良い。

このトレンチのデザインとラインが素敵で、いつか着たいなと思いつつ

カジュアルな洋服しか着ないわたしには、服の合わせ方が分からず。

日の目を見ることが、果たしてあるのかどうか。



スポンサーサイト

2014.01.26 | | コメント(4) | トラックバック(0) | つぶやき

the end of the day





昔から許容範囲が狭くてガチガチに凝り固まった考え方で

それでも随分と許せる範囲も考え方もゆるくなったつもりでいたけど

どうも未だにそうじゃないらしい。

わたしの性格を見抜いた友人に「piroさんが今の世の中で生きていくのは大変だろうな」

と言われたコトバの意味を今ごろ実感する。

もっといい加減になれたら。もっと鈍感になれたら。

今日もまた、おつかれちゃん、わたし。



2014.01.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

人付き合い





揉め事も争い事も嫌いだし

自分が我慢すればそれで済むのならと

ずっとそのやり方で通してきた。

けれどそのやり方は、相手に足もとをみられて言いたいことを言われ

なめられる結果になるのだと分かってからは

なるべく自分の気持ちを言うようにしてきた。

オトナになった今でも、いや今だからこそ、なのかな

人付き合いは本当にムズカシイ。

だから単独行動に走っちゃうんだろうな。

独りでいることが怖くないってことが、良いのか悪いのか。



2014.01.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

ありのまま





ありのまま、それがやっぱり一番だとつくづく思う。

もともと不器用な人間が、慣れないことを考えてやってみても

結局そんな自分に後で嫌気がさす。

気分転換、と言いつつ前髪を切ったら

以前はもっとマシにカットできてたのに

仕上がりは見事なカリメロヘアになっていた。

終わってる。。



2014.01.20 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ひとりごと

あの頃





今日は一日何もしないで引きこもる、と前日から決めていた。

過去に書いた日記を読み過去に撮った写真を視て、あの頃あんなに自信が無くて

自分をを変えたいと必死だったけれど、気付けばそんな頃を懐かしいと思えるほど

わたしはちゃんと歩いてきている。

もちろん、傍らにはいつもカメラと写真があって、そして友人たちが居てくれてる。

大丈夫、あの頃思い描いていたような自分に、少しずつ近づいている。



2014.01.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ひとりごと

grief





この想いを執着と呼ぶのなら、きっとそうなのだろう。

けれど忘れられない痛みは、何年経ったところで薄れることはない。

苦しさは消えたけれど、痛みはそのまま残っている。

それは永遠に消えることのない悲しみ。

心の底から愛する人を失った、深い悲しみ。



2014.01.17 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ひとりごと

カメラバック





先日、カメラバックを購入した。

実はもう既にカメラ用のバックは数年前に購入していて

それはとてもお気に入りなのだけれど

なにぶん、容量が小さく入れたい荷物が殆ど入らない・・という

少し残念な感じのカバン。

なので、カメラ含むイロイロ入る大きめカバンが欲しくて即決。

これがすこぶるお利口さんで、大活躍。

カバン自体も軽いし雨にも強いらしい。

新しいパートナーかばん、できました。



2014.01.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき

find out





既婚者・独身者・歳上・歳下・異性。

さまざまな友人たちと関わる中で、気づかせてもらうこと

考えさせられることが多くある。

大切なものを失った代わりに、有り余る自由を得て

大切なものを得た代わりに、失う自由。

結局そのどれがいい、というのではなく、自分自身の満足度が高ければ

それが本当は一番幸せなはず。

世間体、という目には見えないしがらみや虚栄心が

いつもそんな満足度をおびやかす。



2014.01.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

スタイル





写真を始めてから毎年、年賀状は自分の撮った写真に文字を加え

プリンターで印刷して、友人たちに送るようになった。

先日親友から年賀状の写真のことを言われ

「piroちゃんらしいスタイルが確立されてきたよね」と

思わぬコトバをもらった。

わたしらしい写真って、どんな部分なんだろーと思いつつ

照れくささと嬉しさで、いっぱいになったのでした。



2014.01.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

違い





順調に人生を歩んでいる人達と自分は

いったいどんな違いがあるんだろう。

自分の何がいけないんだろう。

どうして未だこんな思いを抱えていなきゃいけないんだろう。

さんざん自己啓発系の本を読んできたけれど

まだ卒業はできなさそう。

自分を責めたり自己否定したりし過ぎるのが良くないみたいだけど

何も考えず能天気に生きてるのって、そっちのほうが馬鹿みたいじゃん

と思ってしまう。

まずは認知のゆがみから矯正しなきゃいけないのかなー。



2014.01.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

正月休み





お正月は呑んで食べて宴を繰り広げよう、と決意していたにも関わらず

ワインボトル半分しか呑めず、揚げ物ばかり食べていたら食欲が失せ

結局イマイチ心残りなお正月となった。

けれど姉一家と猫たちが来て、とっても賑やかで楽しい時間だった。

姉たちと居ると、家族の中での自分の立ち位置というか

普段考えてしまう余計なことを考えず、素直に全てを受け入れられる。

あともうちょっと、お休みを楽しみます。


2014.01.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

2014年幕開け





元旦早々バーゲンに行き、欲しかったロングのダッフルコートを購入した。

欲しいものは数々あって、ニットコートも欲しいし編上げのショートブーツも欲しい。

斜めに背負えるカバンも欲しいし、セーターやスカート等のお洋服も欲しい。

物欲があるというのは、自分にとっては良いことだと思う。

例えそれらの全部が、手に入らなかったとしても。

親友が結婚していたことも、届いた年賀状で知った。

彼にはモッタイナイような可愛らしい女性と、一緒に写っていた年賀状。

自由人で家庭向きではないような彼も、やっと結婚。

色々話には聞いていたけど、ひと言そうならそうと言ってくれよーと思いつつ

素直に良かったねーと思えたことは、自分にとっても喜ばしいこと。

2014年の幕開けは、ナカナカ高調子です。

今年もよろしくお願いいたします。



2014.01.02 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR