尾道つづき






最近特に、毎日すいみん時間をいかに確保できるかに、必死。

22:00には眠くなるの、フツーに。7時間でもすいみん時間、足りない。

それはさておき、尾道のつづき。

二眼レフで撮った写真のほうが、晴れ間がきれいに写ってる。なんでだろう。露出のせいか。

ランチのとき、ガラス張りの目の前から見えた尾道の景色を、うかつにも撮っていなかったもよう。

なぜだろう・・食べることに夢中になったのと、食事の写真を撮って、満足しちゃったかな。

ランチ終わって坂道を下ってる時に見えた、この写真とは反対側の景色。




000006_convert_20150130212949.jpg






尾道は空家が多いそうで、その空家を再生させて、アートとして蘇らせる工夫をしているようで

でもわたしが歩いているときは、ひっそりと、本当にどこもひっそりとしていた。

寒い季節だったからかな。もっと温かくなったら、もう少し人で活気づくのかな。

鎌倉なんかでは、古民家をカフェとして利用してるところもあるし、尾道だってそんな風にして

空家をもっともっと、利用できるだろうになぁと、人気の無い坂道をくだりながら、ぼんやり思ってた。





000010_convert_20150130213033.jpg






残りの写真は、まだ35ミリカメラと二眼レフに残ってるので、とりあえず此処まで。

この日の夕方は、オレンジのきれいな光が見える、イイ時間帯に倉敷に戻ってきて

その時に写真を2枚くらい撮ったんだけど、ちゃんと撮れてるだろうか。

夕ごはんの飲み屋を探して街をうろついたけど、寒くなってきたので

結局ホテルの激近の居酒屋さんに、ひとりで入って夜ごはん。

串焼き食べて、サラダ食べて、2杯呑んで、いい気分でホテルに帰宅。

普段家ではテレビにかじりついて見ることは、あまりないのだけど

旅行先では、部屋でのんびりして、テレビを見て、の時間が、とんでもなく至福の時だった。

しかも旅先でも22:00には就寝。大満足だった。



スポンサーサイト

2015.01.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 二眼レフ

2日目、尾道






前日、倉敷で見つけたパン屋さんで買っておいた、朝ごパン。

ホテルは素泊まりで予約したので、朝食は絶対現地のパン屋さんで買って食べよう、と決めていた。

パンが特に好きなのかどうか、我ながらよく分からないけど、旅行に行った時には現地のパン屋さんで

朝ごパンを買って食べるのがすき。ささやかなお楽しみ。ひとり旅ならでは。

この日は朝から曇っていたけど、時々晴れ間も見えて、雨が降ってるよりはマシだと思い、尾道めがけて出発。

倉敷からこれまたJR山陽本線で1本、約1時間の電車の旅。向こうでもsuicaを使えるのが、なんとも便利。

倉敷も、これまたこじんまりとしていて、坂道をずーっとずーっと登っていく。

高台に行くと、尾道の水道が一望出来て、とっても景色が良くて、心がホロホロとほどけていくようだった。




000017_convert_20150126184837.jpg





000020_convert_20150126184800.jpg





空気は冷たかったけど、歩いているとカラダも温まってきて、ちょうど良い感じ。

寒い1月に観光客は殆どいなくて、ひっそりとした道をひとりで黙々と、写真を撮りながら歩いた。

季節外れだと、人が少なくていいなと思った。

桜の木がけっこうたくさんあったから、春になったらさぞやキレイだろうなーと思う。

同じ場所でも、時期を変えれば、感じる風も空気も、見える風景だって違ってくる。

旅行は季節を変えて、いつかまた同じ場所を訪れるという楽しみ方も、あるんだろうな。



ランチは「ことりっぷ」にのってた、尾道の水道や街並みが一望できる、景色のいいレストランで食べたい

と決めていて、そのお店も歩いていて、すんなり見つけられた。

時期も時期だし、混むことはないだろうと思ってたけど、それでも早めにお店に行ったら、見事に他にお客さんいなくて。

目の前がガラス張りになっていて、明るい陽射しが差し込んでいる、景色バッチリ見えるテーブルに座った。

洋食だったのでパスタを頼んだのだけれど、これが美味しかった。




000015_convert_20150126184914.jpg




お店の方も腰が低く、とても感じが良くて、しかもこの目の前全ての景色をひとり占め。

のんびりと優雅でリッチな気分でランチをしつつ、まったりしていたら

デザートセットじゃないのに、「サービスです」と、デザートのプリンを出してくれた。

これが表面がパリっとしてて、中はキャラメル味のおいしいプリンで、とってもとってもお得感!!




000014_convert_20150126185005.jpg




ウレシイナー、ありがとう、お店の人!!

お店は、欧風料理「プチアノン」です。機会があったら、行ってみてください。

続きは、また後日。



2015.01.26 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

日本酒とフィルムと





先週末、義兄さんが日暮里に良いお店があるからと、姉夫婦と両親と

寒風吹き付けるさなか、そのお店に飲みに行ってきた。

老齢のご夫婦ふたりだけでお店を切り盛りしていて、こじんまりとしたお店だったけれど

頼んだお料理はどれも、本当に優しいホッコリするような、とってもオイシイものばかりだった。

ビール大ジョッキで2杯飲んだあと、調子にのって日本酒を飲んでたんだけど、コレが悪かった。

ヤバイ・・と思い始めた頃にはもう手遅れで、トイレにこもってナカナカ出てこられなくなった。

日本酒、飲むのは初めてじゃないし、去年飲んだ時はぜんぜん平気だったのに、悔しいことこのうえない。

日本酒をすすめてくれた義兄さんに、姉が「あんたがすすめるから妹しんでるじゃないか」と

わたしを気遣ってくれる発言をしてくれてたのが、気持ち悪さと酔いでぼんやりした頭で、ウレシイなーと思ったり。

お酒は楽しく飲むものであって、周りの人に迷惑をかけちゃいけないよなと、本当に反省した。

帰りの車内でも、東京駅で我慢できずに途中下車してしまった。。むーん、情けない。

次に日本酒を飲むときは、もっとゆっくりペースで、チビチビ飲むことにします←懲りない人

ところで、コダックのフィルムが、来月ずいぶん値上がりするみたいだね。

わたしもフジよりコダック派だけれど、皆がこぞって値上がり前にと、買いあさってるもよう。

東北の震災の時の、卵やらペーパーやら食パンやらを買いあさってる人たちのことを思い出した。

・・と言いつつ、わたしもブローニーでコダックのエクターは、5本ほどポチったけどね。

フィルムがなくなっちゃうよりはマシでしょ、富士フィルムがあるんだしと、呑気に構えてます。



2015.01.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

初日の午後

000025_convert_20150121183850.jpg




倉敷の街並みを歩いていたら、君が連れていってくれた伊勢神宮の、あの街並みを思い出した。

あそこほど道幅は広くないしお店も賑やかじゃないけど、写真見返したら、やっぱりそう思う。

旅行に行くとき、国内だとカバン2つで行く。故にいつも思うのが、お土産荷物になる・・ってこと。

お土産を買うのはキライじゃない。ただ、荷物になるのが、とてもとても嫌。

ただでさえカメラ2台の重さがある上に、余分にかさばったり重くなると移動が大変になる。

なので、お土産は必要最低限しか買わないし、かさばらず重くないものを選ぶようにしてる。

倉敷の古民家で、すっごく素敵な雑貨が置いてあるお店に入ったら、モロ好みで大興奮。

自分用と友達用に「かぐらやロール」という、自分で自由に切って使える布を買ってきた。

古民家が立ち並ぶ中、こんな可愛いお店もあったりした。




000024_convert_20150121183947.jpg





夜はせっかくだから地元のおいしいものが食べれて、且つ飲めるところでごはんしたいと思い

この通りにあるお店に入ってみた。

ゆうごはんというにはもの凄い早い時間だったから、店内に他にお客さんは居なくて

カウンター席でビールを呑み、岡山はままかりが有名らしいので、それを頼み、なぜかふろふき大根も頼んだ。

ひとりだからさ、1品の量が多いんだよね。ちょっとずつ色々食べたいけど、ひとり用じゃないからキビシイ・・

とゆー、当たり前の事実にこの時初めて気付いた。

女将さんとゆーか、あまり雰囲気よろしくなかったので、ここは1杯だけ呑んで早々にお店を出て

来るときに見つけた小豆島ラーメンで、お腹を満たすことにした。

ラーメンすきだけど、ふだんひとりでラーメン屋さんには行ったことなくて、でもそのお店はこじんまりしてて

しかもガラス張りのお店だから店内バッチリ見える安心感もあり、ためらうことなく店内に入り

倉敷でなぜか小豆島の醤ラーメンを食べてきた。おいしかった。お兄さんも感じ良かったし。

お店のスツールのカバーが全部ジーンズで、岡山には国産ジーンズ発症の地があるらしいから、多分それで。

そんな部分もオサレで行き届いているなーって思った。ちなみにオープンして新しそうだった。

ちなみに、倉敷本町通りの夜は、こんな感じ。

夜の雰囲気も良かった。寒かったけどね。



000023_convert_20150121184025.jpg



2015.01.21 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

倉敷の日





初日は東京と同じく倉敷も雨で。

岡山まで新幹線で行って、そこからJR山陽本線に乗り換えて倉敷まで。

初めての土地というのは、やっぱり新鮮だなと思うし、旅行者である気分を味わうのも、好きだなと思う。

現地についたのは11:00くらいで、最初にホテルに荷物だけあずけて、さて雨だしどうするかと思い

駅前のスタバでひとり、今日一日の作戦会議を開いた。もってきた「ことりっぷ」とにらめっこ。

とりあえずその土地の美味しいものを食べたくて、本にのってたうどん屋さんをめがける。

地図が読めずしかも雨の中なのに、駅から徒歩3分の立地と、神様の思し召しのおかげで

すんなりうどん屋さんを発見。お味は、うーん、正直フツーだったけど、行きたいところに行けたということで

大満足だったし、幸先いいなーとホクホク。

雨の中を倉敷の美観地区めがけて歩いていった。観光地だから看板も出てるし、すごく分かりやすかった。

さすがに雨だしね、人も殆どいなくて、時間を潰すために、さほど興味のなかった大原美術館へ行ってみた。

2時間近く居たかな。絵画の良さが分かるほどのたしなみはないけれど、これを描いた人はいったいぜんたい

何を伝えたかったんだろうと、そっち目線で作品を眺めてたら、思いのほか面白かった。

だってさ、単にグレー一色でキャンバスを塗りつぶしてるだけの絵があって、しかもそれが作品って言うんだから

「へっ?」って思っちゃう。自分の中にあるコトバにできない想いをキャンバスの上で表現したんだろうな

って絵画を、この人は何を伝えたかったんだろう、どんな想いを吐き出したかったんだろうって思いながら

眺めてるのが面白かった。でないと単なる意味不明な作品が多くて、理解できなくてさ。




000035_convert_20150120185442.jpg




倉敷は古い建物や昔ながらの街の雰囲気が漂ってて、とても風情がある街並みだった。

でもとっても小さいんだよね。写真撮るのもいいけど、同じような風景ばかりだから、枚数ちょっとしか撮らず。

なにぶん雨だったから(しつこい)街歩きもほどほどに、素敵なカフェを見つけてコーヒーとシフォンケーキで

休憩した。木の作りの落ち着いた雰囲気のある静かなカフェで、ひとりまったりコーヒーを味わう。

お店の人の許可をもらって撮ったコーヒー写真。

ここのドリップコーヒーがバラ売りで売ってて、しかもパッケージが倉敷の街並みの絵が書いてあってかわいくて

お土産に購入してきた。




000028_convert_20150120185828.jpg





ひとりだし、のんびりと過ごす初日。旅行気分だけど、日常の延長線上にある感じもして、すごくくつろいだ。

夜ごはんの巻きは、また後日。




2015.01.20 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

旅のあと






初の倉敷・尾道のひとり旅、楽しかった。

ひとりで新幹線に乗ることは今までに何度もあるけど、その度にいつもキンチョーする。

この便の列車で間違ってないか、号車は間違ってないか、時間は間違ってないか。

きっとこの先も何度も、同じような思いをするんだろうな。

ひとり旅は久々だったけれど、寂しいと思うことも孤独に思うこともなかった。

かと言って、現地の人との触れ合いだとか感動的な出会いだとか、そんなモノがあったわけじゃない。

ただ淡々とひとりの旅を楽しんできた。ひとりとは自分自身との対話の連続だから、それにはもう慣れっこ。

行きたい場所に行き、食べたいものを食べ、休みたい時に休み、歩きたい時に歩く。

自分の素直な欲求に従って行動することは、実に快適だなと毎度のことながら思う。

地図がほぼ読めず、方向感覚も何となくの勘しかなく、友達に言わせると「なのによくひとりで旅行に行くよね」

らしいけれど、その割に今回は、行きたい場所にちゃんと行けることが多かった。

夜は一杯呑みたくて飲み屋に行き、ひとり飲み屋もひとりラーメンも、予想外にも旅先でデビューしてきた。

写真は予想通りというか枚数撮れなかったけど、とりあえず心の中には残ってるから良しとする。

明日の仕上がりが楽しみだなー。

ちなみに、このセーターとニット帽のスタイルで、旅行に行ってきました。

旅日記は明日以降に。



2015.01.18 | | コメント(6) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

feel free





大学時代の友達が今月入籍し、年賀状だけの付き合いになった高校時代の友達も、全員嫁に行った。

ある程度の年齢がきたら、結婚するものなんだろうな、世間では。

わたしは結婚に対して斜めにみるようになってしまったし、自分とは無縁な話だなと思う。

それぞれのフィールドで幸せになれば良いのだろうしね。

いまさら自分の時間を自分のために使えない生活とか、無理だろうなと思う。

それほどひとりの時間を長く過ごしてしまったから。

とゆーわけで、あさってから久々のひとり旅。といっても国内だからあっという間だけど。

最後に行ったひとり旅は、3年前のシンガポールだから、ずいぶんとご無沙汰だなぁ。

荷物はできるだけ少なくコンパクトに。カメラ2台ぶんだけで、ずいぶん重くなるからね。



2015.01.13 | | コメント(4) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

昨日のこと





行動を起こさずにグダグダ言っても何の説得力もないし

やらないであれこれ考えたり悔やんだりするより、まずは思ったら行動したほうが良い

とは今でも思う。だから後悔とか別にない。執着心もない。

自分が好きなこと、したいこと、それらは心から自分が「そうしたい」と思うことだけど

そんなことをするほうが、わたしはわたしの日々を、心地よく過ごしていける。

昨日は友達と、前々から行きたかったブックカフェに行ってきた。

家から近いし、カフェとスタッフの雰囲気も良く、ランチのお味もお値段も良好。

しかもひとりで行ける雰囲気。かなり素敵なカフェを久々に発掘してしまった。ホクホク。

本を持っていって、近々ひとりランチをするぞーと意気込みつつ、友達とそのまま1時間近く歩いて

行きたかったお店に行ってきた。

歩くと色々なお店があるのだなと分かるし、道の繋がりが分かるからオモシロイ。

電車に乗ると遠回りで時間がかかるけど、歩けば直線距離で意外に近いということも知った。

都会に住んでる割には、わたしも友達も会えばよく歩くほうだと思う。健康的。

帰りにはパンケーキを食べて、じゃ帰るか、と歩いていると靴屋さんを発見。

ずーっとブーツが欲しくて欲しくて、店内を物色してたら、欲しかったデザインではないけれど

本革のわりにお値段もお手ごろ、デザインがかわいいブーツを発見。

店員さんの素朴で自然な接客も好ましくて、お買い上げしちゃった。

わたしが下げていたカメラに目ざとく反応してくれて

「ずいぶん使い込んでるカメラですね。コニカって珍しい。」と言ってくれたりして

そんな些細なおしゃべりも嬉しかった。

さーてと、このブーツを旅行に履いていこうかしらねー。



2015.01.11 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

heart break





手紙を書いていたら、自分の正直な気持ちが、客観的に見えてきた。

だから想いを文字にすることは大事なんだなと、他人事のように思いながら。

時が経てば傷は癒えると言われるし、実際そうなんだろうけれど

その傷が大きすぎたことで変わってしまった、自分の人生に対する意識というか

それ以降楽しかったことも幸せだったこともあったのに

わたしの人生が「変わってしまった」という気持ちだけは、どうやっても拭いきれなかった。

この意識はずっとわたしの根底にある。

人は時に軽い気持ちで後先を深く考えず、自分の気持ちだけを優先して行動することがある。

その影響が自分や相手だけで収まれば良いけれど、それ以外の人達にもめいっぱい影響することがある。

そして自分の言動で、他者の人生を大きく変えてしまう。

そんなこと、思いもよらないだろうけれど、人の人生を変えたことの責任を、当事者はとってくれない。

結局自分が踏ん張って頑張って、その先の人生を新たにプランニングしていくしかない。

きっと被害者意識なんだろうなと自分でも分かっているけれど、この想いはずっと消えないのだろうなと思った。

まぁ、そんな風に思っていても、人生を楽しむ方法はある程度学んだので

これからも自分なりに、幸せなことや楽しいこと、見つけて生きていくけどね。



2015.01.07 | | コメント(4) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

君に





自分にとって大切な人というのは、離れていようが会えなかろうが

やっぱり心の中にはいつもその存在が確かにあって

それは時が経っていっても、きっと変わらないのだろうなと思う。

共有した時間だったりコトバだったり想いだったり、それは必ず過去のものになっていくけれど

それは想い出という素敵なものに形を変えて、心に積まれていくんだろうね。

君のことだからけじめをつけてからでないと、会ってくれないだろうけれど

また次に会えたら、カメラ散歩したいな。

そして同じカフェで同じようにランチして、お店の人に「そろそろお時間です」って

せっつかれるくらい、また色々おしゃべりしたいな。

そんな密かな夢を、持っていたりするのです。



2015.01.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

あけましておめでとうございます 2015

000027_convert_20141229181445.jpg



未だに昨年の秋写真をアップしてますが。

お正月は、年末からお正月はのんびり過ごした。

普段テレビっ子ではないのに、これだけテレビを見た休日はなかったと思う。

バーゲンで洋服も数点買ったし、5日間という冬休みは短いんじゃないかと思ったけど

結局ちょうど良かったと思う。

今日、ひとつビックリしたことがあり、以前お世話になった弁護士さんから、数年ぶりに年賀状が届いた。

自分で事務所をかまえたもようで、彼女にはたくさん話したいことがあるので、後日ちゃんと手紙を書こうと思う。

今年はどんな一年にしたいとか、コレといって大きな目標みたいのはないけど

写真を今まで以上に充実させたいな。

フィルムで撮ることをメインにすると、一枚一枚を大切に撮るようになった。

それは今までが闇雲にシャッター切って、なんじゃこりゃ、な写真を量産したからこそなんだろうけど

日常写真も今後は増やしていこうと思い、年末からお正月にかけて、家族の写真や日常風景をフィルムで撮った。

今まではデジタルで簡単に済ませていたけど、本来わたしは何気ない日常風景をフィルムで撮りたかったハズ。

原点に戻ったみたいになった。仕上がりが楽しみ。

写真は視てもらうだけじゃなく、色々な人の色々な写真を視させてもらうことで

得るものがとっても多いなぁーとも思う。

やっぱり、写真仲間が欲しいなぁとか改めて思う、2015年です。

今年もよろしくおねがいします。



2015.01.04 | | コメント(4) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR