皆それぞれの道を





祖母の葬儀が無事に終わった。

孫の中では、わたしが一番おばあちゃんに近い存在だったと思う。

優しくて可愛らしいおばあちゃんが、大好きだった。

葬儀は亡くなった人が、親戚皆をひきあわせてくるのだと言う。

長いこと会っていなかった従姉弟にも会えて、本当に嬉しかった。

子供の頃は皆でよく遊んで、中でも最年少でおとなしかったわたしは

皆の輪の中に入っていくことができず、そんな時によく気にかけてくれて優しくしてくれた

お兄ちゃん的存在の従姉弟と、10年以上ぶりだろうか、もっとか忘れたけど、久しぶりに会えた。

あの頃と同じように穏やかで優しくて、あまりまともにおしゃべりはできなかったけど

見た目も中身も変わっていなかった。

皆それぞれイイ年齢になって、家庭があったり子どもがいたり、わたしみたいにバツイチだったり

あんなに小さかった子供たちが、久々に集まって大人みたいになって(皆立派な大人だけど)いたことが

なんだか不思議な気持ちもした。

こんな風に従姉弟たちが揃うことは、もうそうそうないと思う。

普段はお互い連絡をとったりするような仲でも関係でもないけれど、ずっとひとりでいるであろうことを考えると

それでもわたしには、こんなに良い従姉弟たちが居てくれるんだなと、妙に安心したりもした。

皆とひきあわせてくれたおばあちゃん、本当にありがとう。

短い時間だったけど、皆で一緒だった時間も、もちろんおばあちゃんとすごした時間も

ずっと忘れないでいるよ。



スポンサーサイト

2015.03.29 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

君はまだ、見ていてくれてるかな






誕生日はとうに過ぎたけれど、やっぱり今年も

君から誕生日プレゼントにもらった、アルバムを見返した。

懐かしさと甘酸っぱい気持ちと、この手紙を書いてた、このコトバを書いてた君の気持ちを想像し

わたしは君にとって、どんな人物だったのだろうと、思いを馳せる。

そしてわたしにとっての君は、やっぱりかけがえのない人だなと思う。

このアルバムは一生ものの、わたしの宝物。


少しばかりブログをおやすみしてました。

その間、東京に遊びに来た友達に会い、美容室で髪の毛を真っ黒に染めてもらい

親友に会い、数年ぶりに風邪をひき、祖母が亡くなりました。


色々なことを考える日々は変わらず、書きたい時に何かを書き

気まぐれなブログであり続けると思います。

またボチボチ、そのうち更新していきます。




2015.03.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

ミモザと





ずっとミモザが素敵だなぁーと思ってて、欲しいなーと思ってた。

けどお花屋さんであまりお目にかかることがなく、なので買ったこともなかったけど

先日自由が丘をブラついていたら、お花屋さんでふっさふっさのミモザを発見して

これは!!と嬉しくなって、購入してきた。

このミモザは、部屋の中を本当に明るくしてくれて、とってもお利口さん。

このままドライになりそうなので、今でも部屋に飾ってる。

緑があると、それだけで部屋が生きてくる感じがする。自然を愛でることは、大切。

関係ないけど、今年はこのまま花粉の薬を飲まずに乗り切る方針だけれど

鼻水は軽度といえど、お約束のように出てくる。そして鼻はやっぱりかみすぎて、ガビガビになり痛くなる。

先日会社の仲間と花粉症同士いたわりあっていたら、柔らかいティッシュを使うと全然違うよ!とえらく力説された。

値段はフツーのボックスティッシュより若干高いけど、一時期使うだけだし絶対良いとのこと。

まぁそう言われたら、確かにいつもいつも高いティッシュ使うわけじゃないし、1箱くらいお値段高めの

柔らかティッシュ買っても良いかな・・と思い、コンビニで買ってみた。エリエールの「贅沢保湿」。

これがホントに鼻触りが良くて、気持ち良いことこのうえない。そして鼻もガビガビしない。痛くならない。

どうしてもっと早く買わなかったのか・・と、ちょっと悔やまれた。

それにしても花粉症の症状、あんなに酷くて、薬飲まないと一日やり過ごせなかったのに

マスクだけでしのげてるって、このまま症状治ってくれないだろうか。



2015.03.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

またひとつ





あれから2年。懐かしいな。

昨日、またひとつ歳を重ねた。

朝から大学時代の友達と、君からお祝いのメールをもらって、すごく嬉しく幸せな気持ちになった。

今日という一日が良き日になりそうだ、って思えるから、バースデーメールを送るなら朝がイイナ

わたしも今度からそうしよう、って思った日だった。

久しぶりに君とやりとりできて、楽しかった。こーゆー関係もイイなと思う。

離れて住んでる友達から、今日は贈り物も届いた。

震災のあった年、宮城県にある田代島ってゆー、猫がたくさん居る島の

田代島にゃんこ共和国に募金をし、それから3年後、ようやく牡蠣の養殖の収穫ができましたと

にゃんこ共和国から、牡蠣の潮煮も送られてきた。

特に心浮き立つような話題もないけれど、こうして健康で元気にまた誕生日を迎えられたこと

お祝いしてくれる人達が居てくれることに、感謝と幸せな気持ちを感じた日だった。

わたしはわたしらしく。わたしはわたしの、道をいけばいい。



2015.03.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

撮り方





3月になったことだし、腹が立つほどの寒さも和らいできたなー

足もとはタイツからフットカバーにしていくか、と思っていた矢先の週末の寒さ。

寒いときは家でぬくぬく、のんびり過ごすに限ると思いつつ、せっかくだからと

昨日は写真の整理をしてみた。

友達を写した写真は、次回会うときに本人に渡すように、小分けの袋に入れてあるのだけど

そんな友達を写した写真たちを眺めていたら、風景や物を撮った写真とは違う、彼女たちに対する

愛情のようなものを感じた。

人を撮るのが好きなのは、やっぱりそこにココロとココロで感じるものがあるからなのだと思う。

自分の中でイイなと思えた写真が撮れたときは、やっぱり誰かに見てもらいたくなる。

写真に限らず絵にしてもそうだと思うけど、人に視てもらってナンボの部分もあると思う。

人に見てもらうために撮ってるのか、自分のその人に対する想いから撮っているのか

分からなくなってくる時がある。

そしてその気持ちは、きっとわたし以上に、友達の方が敏感に感じてる。

ずっとずっと考えてた。その人のステキだなと思う写真だからこそ、色々な人に見てもらいたくなる。

けれどそれは、その人を自分の「作品」として見ていて撮っていて、「その人自身」「わたしの友達」

として、大切にしなくちゃいけない部分を、おろそかにしてしまっているんじゃないかって。

相手の考えていることや本当の気持ちは分からないし、それを敢えて根ほり葉ほり聞きたいとも思わない。

ただ、わたし自身がちゃんと考えて撮っていかなきゃいけないんだな、と思う。

今月は、自分から友達に声をかけず、静かに過ごして行こう。



2015.03.08 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 二眼レフ

花粉の季節






花粉症歴が今年で20年目になった。またやってきたか、という感じ。

昔に比べると、辛さが少しずつ和らいできているような気がする。

もともと花粉症って、規則正しい生活をしているだけでも、症状を緩和できるみたいだし。

なので、今年は花粉症に負けまい!という心構えで、薬を飲まないことにした。

そもそも飲んでても、症状が全く出ない、とゆーわけじゃないしね。

基本はマスク、マスクをしない時は、JINSで購入した花粉症対策のめがねをする。

本当はめがねとマスクが理想的なのだけど、そうするとめがねが曇るのだよね、見事なまでに。

これでなんとか乗り越えられそう。後はアロマオイルも使ったりするけど。

早く花粉の飛散が落ち着いてくれないかなー。ぽかぽか陽気でも、お布団干せないのが辛いわ。



2015.03.06 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 二眼レフ

諦めの効用





皆と同じじゃないと、世間一般の人並みの道じゃないと、自分は激しく人間失格なんだと

本気でそう思っていた頃があった。

こうありたい、これを手にしたい、それはその時に、自分自身が本当に望んだことだったけど

でもなんでそうありたいのか、なんでそれを手にしたいのか、ちゃんと考えていなかった。

振り回されていたのは、世間の価値観と、自分の中の思い込みや焦り。

ある程度年齢を重ねていくうちに、ちゃんと考えるようになった。

それを本当に望んでいるのか、本当にそうありたいのか。

結局今ある状況が自分の全てで、その置かれている状況の中でやるべきことをやり

現状を楽しんでいくことが最も大事なことなんだと、最近強くそう思うようになった。

30代は諦めることがたくさんあったけど、諦めることで楽になったり、楽しめることも多くなった。

諦めちゃいけないのは、女であることの自覚。いくつになっても。

それさえ覚えておけば、後は朗らかに、日々を楽しんでいけるんじゃないかなと思う。



2015.03.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

カメラとフィルム






昨日でポパイカメラさんでの展示が終了した。

自分の写真が展示されてると、やっぱりワクワクするものだね。

展示となると自分主体だけじゃなく、視てくれる側の人のことも考えて写真を選ぶので

それはそれで、楽しいなと思った。でもやっぱり、大勢の人に視てもらいたい。

次は毎年恒例、夏のPHOTO ISへ参加する予定。

先日、写真仲間からGRが返却された。その時、相手が持っていたブロニカのカメラを見せてもらい

持たせてもらったら、えっらい重くてビックリ。

カメラは多少重たくともオトコマエなモノのほうが好きだけれど、いやいや、コレは首から下げられんでしょ・・

ってくらいハンパなく重かった。但し、オトコマエ感もハンパなかった。

中判は二眼レフがあるし、ましかく写真ならそれで充分だし、でもブロニカもええなー。

デジタルも確かに好きだけれど、わたしの心はフィルムのほうにダイブ傾いてるので

今はフィルムを思う存分楽しもうと思う。



2015.03.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

3月になったね





1日の今日は映画の日。気になってた映画を観てきた。

感想はわたしの心の中に留めておきます。議論しても仕方のないことだから。

最近、また松浦弥太郎さんの本を読んでる。日々を丁寧に暮らしていくこと。

人としての在り方や、ちょっとした工夫で毎日にささやかな豊かさや、彩りを与えること

考え方や心持ち、共感したり参考になることが、たくさん書かれてる。

最近、自分のしていることが、なんだか裏目に出ている気がしてならない。

今はきっとそういう波の時なんだと思う。物事は良いときと悪いときで、バランスが保たれているし。

周りにいる人は、自分の写し鏡だと言う。わたしの閉鎖的な考え方や性格が、きっと問題なんだと自覚する。

いつもそうやって思って、不慣れなことをして失敗して凹んで自分が嫌になって、やっぱり・・って

結局もとの立ち位置に戻る、ってことの繰り返しだけど、そんな繰り返しをしながらも、諦めたくない。

変わりたいって思う気持ちは常にあるし、それが思うようにできなくても、そう思う気持ちや

実際に行動に移すことに、きっと意味があるのだと思う。

明日は、レンタルしてたGRを返却してもらえる(ハズ)。心を開くのも閉ざすのも自分次第。

まぁ、ボチボチ考えながら、少し様子をみようかね。

ちなみにわたしは落ち込んでいないし、いたっていつも通りでフツーです。



2015.03.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 二眼レフ

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR