Merry Xmas






少しだけご無沙汰しました。

気付けばクリスマス。年末に向けてまっしぐら。

友達と、とあるお菓子屋さん目的でお出かけしたり

飲み会したり、家族でクリスマス会したり

松浦弥太郎さんの本をもう一度読んでたり。

そんなことをしながら、自分で自分を好きになれるように

日々を過ごしておりました。

友達から届いたクリスマスカードが嬉しかったなぁ。

変わることと変わらないことと、わたしはそのバランスが上手くとれなくて

それだけじゃなく、色々なことをのバランスをとるのが下手で

白か黒か、みたいにどちらかに物事や考え方だったりが偏ってしまうので

時々立ち止まってメンテナンスというか、これで良いのかって、見直ししなきゃいけなくて。

すごく面倒くさい人間だと思う。

ケドこの面倒くさい自分自身と向き合っていかなきゃいけないから。

この前久しぶりにお花屋さんに行って、お花を購入してきた。

色々な種類があって、どれもきれいで、だからどれを購入しようか分からなくて迷って

結局真っ赤なバラをひと束と、始めてユーカリを購入してきた。

ユーカリってお花屋さんで見たの初めてで、きっと写真で見てなかったら

「ただの葉っぱじゃん」って思ってしまうほど、本当に素っ気ないグリーンだけれど

なんとなく存在感があるのが、スゴイナと。

両方ドライになりそうだから、枯れた後も楽しみ。

今年もあとわずか。

一年を振り返るころだな。




スポンサーサイト

2015.12.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

something was wrong...






いつからだろう。

ハッキリとしたことは分からないけれど

諦めることを選んでばかりで

自分を卑下してそれを隠して

素直になることも人に優しくすることも

放棄してしまっていたのかもしれない。

年齢を重ねることで

どんどん卑屈になっていっていた気がする。

自覚していたけど、気付きたくなかった。

久しぶりに、友達から送られてきた手紙たちを読んでいて

自分が間違った方向に今いるような気がして

戻りたいなって。

以前みたいな自分に。

手紙を書こうと思う。

そしてまた送ろうと思う。




2015.12.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

己を知る






考えるということが日常茶飯事で、何も考えないでいられるのなら

そのほうがどれだけ楽だろうか、と思ったりする。

好きなことも好きじゃないことも、全てにおいてハッキリしすぎてて

そんな「我」があることが、邪魔だと思うこともある。

毎日がしんどくて辛くて苦しくて、そんな時に精神的に支えてくれた人がいた。

よくメールを交換しあった。気持ちを聞いてくれた。苦しみを理解してくれた。

けれどそのうちに、こうやって甘えて寄りかかっていては、わたしは自分の足で立てなくなる。

自分で自分を支えられなくなってしまう、ということに気付いた。

いつまでもこの人の優しさと好意に、甘えていてはいけないんだと、気付くようになった。

それからは、自分で自分を支えられるようになること、自分自身の足でしっかり立てるようになることを

当面の目標にすることにした。

その後も、結局自分の中の弱さに負けては、人に甘えてしまうこともあったけれど

それでももう人に依存したりしない、人に依りかかることで自分の中の辛さや寂しさから

逃げたりしたくないと思ってる。

自分の中の欠けているものや足りないものは、人で満たすことは出来ないとわたしは思ってる。

それは時間がかかって試行錯誤しながら、自分で見つけ満たしていくことでしか

本当の意味での満足感は、得られないと思う。

だからわたしは人との距離には慎重になるし、自分の中に求めるのじゃなく

人の中に何かを求める人を、あまり良しとしないのだろうなと。

でもそーゆーことに改めて気づいたのも、彼女のおかげなのかもね。




2015.12.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

*





人より何か自分の方が優位にある、ということを確認しないと、気が済まないのだろうか。

人は人、自分は自分、それでイイじゃないかと思うのに

誰かと比べることでしか、自分の幸せ感や満足感を得られないのだろうか。

自分が休みの日に何をした、誰と何処に行った、そんな日常の自分の行動のいちいちを

メールで送り合うことで、いったい何を確認したいのだろう。

恋人同士ならまだ分かる。がしかし、女同士でそーゆーコトをするのは

単なる探り合いのような気がしてならない。

わたしは友達は少ないけれど、ひとりでの時間の過ごし方は心得ているので

特に用事がある時以外は、メールは滅多に送らないし、送ったとしても完結に短く済ます。

そもそも、そんな頻繁にメールを送っていないと安心できない友達関係なんて

ホンモノじゃないだろうに、と思うけれど。

なぜ友達が多いことが良しとされるのだろう。

なぜ華やかな人と友達であることが良しとされるのだろう。

なぜ人と知り合うことが大切だとされるのだろう。

そんなの、その人にとっての価値観であって、そーゆーことに興味のない人から見たら

・・・だから??と言いたくなる。

ひとりの時間を過ごし、孤独を味わい、自分自身をしっかり見つめる強さを持った人を

わたしは素敵な人だと思うし、自分の周りにアクセサリーを求める人に、興味ないのだけれどね。




2015.12.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

果てしなく






胃腸かぜから回復し食欲もあり、フツーに食べているけれど

いまひとつ胃腸の調子がすっきりしないというか。

食べているのに体重が戻らない。

まぁありがたいことだし、そのうち直に戻るとは思うのだけれど。

今年は紅葉写真を撮れなかった心残りはあるけれども。

一応紅葉を見に行ってきたけれど、ほぼ紅葉しておらず、お団子を食べて

紅葉と関係ない写真を、数枚撮って帰ってきた。

お団子美味しかったなー、という感想が秋の想い出になった。

写真は本当に本当に視てて飽きない。

わざわざ写真展に行くとかいうことはせず、もっぱらインスタグラムで見てるのだけれど

思うにオシャレな人の撮る写真は、写真の撮り方までもがオシャレ。

故に、写真を見れば撮った人のセンスというか、オシャレ具合が分かる。気がしている。

やっぱり写真は、視てもらうことばかり、注目してもらうことばかりを考える前に

イロイロな写真を毎日毎日、たくさん視るほうがダンゼン為になると思う。

わたしの場合はそう。

そして見ていると、気づきがある。

その気づきを自分の中に取り入れて、次回以降にでも撮るときに真似るなりすることができる。

撮る時の参考になったりする。

愛のある写真は、やっぱり視てて何かしらが心にひっかかるというか、残る。

自分もいつかそんな写真を撮りたいなーと思う。

写真に対する好きだという気持ちは、今後もずっと果てしなく続いていくと思う。




2015.12.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 二眼レフ

胃腸かぜ






週末、胃腸かぜをひいた。突然に。バチがあたったのかと思った。

そうかもしれないけど。

ちょうどその時外出中で、一緒にいた友達に迷惑かける前に帰ってきたのだけれど

帰ってくるまでがしんどく、帰宅後に本腰を入れた嘔吐が始まった。

なんの自慢だか分からないが、子供の頃から乗り物酔いをはじめとし、自家中毒症で

年中嘔吐を繰り返していたので、比較的耐性は強い方だと見くびっていたけれど

ここ数年は落ち着いていたので、そこにウイルスがお腹に入ったための強力な嘔吐が12時間も続き

さすがに体力がマックスで消耗していった。

翌朝フラフラしながら病院に行き、嘔吐はその頃には落ち着いていたので点滴を受けて帰宅。

しかしまだお腹のぐるぐるした気持ち悪さは引き続いていて、コンタクトを外して洗うという

なんの体力も使わない些細なことすら、エイヤっと気合を入れなければ出来ないほどの倦怠感。

あぁ、健康に勝るもの無しだよなぁ・・と、ベットに横たわりながら今更ながらのことを思った。

少し気分が良くなると、食べたいと思うものは不思議と、普段は特に欲しないリンゴだった。

リンゴは別に特にすきなワケじゃないのに、なぜこんなにもリンゴを欲するんだろうと、本当に謎だった。

思うに、人間のカラダって良く出来たもので、その時に自分が欲しいと思うものじゃなく

その時にカラダにとって良しとするものを、欲するように出来ているんだなぁーと思った。

結局、腸の働きを整えるお薬他のおかげで、後は自然治癒力ですぐに回復した。

人間ってスゴイナー。健康ってありがたいなー。食べれるってシアワセだなー。

食欲があるって大事だなー。とか、色々感じるところがあった。

なんか謙虚な気持ちに一旦戻れるというか、少し自分をリセットできるというか

そんなきっかけになった胃腸かぜでした。




2015.12.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR