お休みします






少しの間かしばらくの間か、わからないけれど

ブログをお休みします。

また書けるようになったら、再開しようと思います。

暑い日々が続くので、皆さんもお体ご自愛くださいませ。




スポンサーサイト

2016.07.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 つぶやき

NEW






新しい美容室に行ってきた。

親友の美容室に10年通っていただけに、なんだか裏切ってしまった感が多少あるけれど

通うのに往復でかかる時間を考えたら、地元の美容室だとやっぱりとても楽。

ただ、親友の美容室ではおしゃべりが出来たし、リラックスできたので

少し寂しい気もするのは事実。

美容師さんを指名しての予約で、ネットで載ってた写真と実際の彼女の雰囲気が

あまりにも違くて少々驚いた。

実際はモード系のお姉さんで、ニューヨークのスタイリストみたいなイメージで

あまりにもラフ過ぎる格好で気軽に行った自分が、なんだか場違いな気がしたけれど

他にお客さんが1名しかいなく、こじんまりと落ち着いた雰囲気の店内も悪くなかった。

美容室探しは簡単ではなく、自身の年齢にもよるのだろうけれど

若いスタッフが多かったり、大きなチェーン店だったり、カットやシャンプーが別の人になったり

そういったお店は除外してたので、希望通りのお店を見つけられたのは、良かったと思う。

仕上がりのカラーの色味もカットも、希望通りだった。

また次回も行こうかな。




2016.07.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

書き綴る






その時々の自分の気持ちを書き綴っていくことで

何年か時が経ったあとに読み返すと、当時のことを思い出すと同時に

自分がどんな過程を経て現在に至るのか、その時間軸での流れを

改めて知ることができる。

読み返して思ったことは、どれだけ辛く苦しい時でも

その時々でちゃんと助けてくれる人達が、いてくれたのだなと

自分はとても人に恵まれているのだな、ということ。

本当は、会ったこともないそんな人達と、お酒でも飲みながら

あの頃助けてくれて、ありがとうということと

現在の心境なんかを、聞いてみたりしたいなと思う。

あなたはもう、乗り越えた?

もう心が痛まない?

思い返して切なくなったりしない?

夢は見たりしない?

叶うことのないコトだと分かっているけれど

同じ仲間と気持ちを共有したいと、そんなことも思ったりしている。

それとも、未だにまだそんなことにこだわっているのか

まだそんな場所にいるのかと、呆れられたりするのかな。




2016.07.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

地味に






先週末、ひさしぶりに朝スタバしてきた。

新しくできたそこのスタバは、他の店舗に比べてオサレで

初めて行ったので実はドキドキしていたけれど

入口付近にちょうど空いていた席を確保して

カフェオレとブルーベリーマフィンで、のんびり読書をしてきた。

カフェで読書もひさしぶりで、こーゆー時間を持つのはなんだか心が豊かになるなーと

外の景色をぼんやり眺めながら、思ったりした。

最近人とおしゃべりをするのが好きで、会社でも以前よりか人と話すことに積極的な気持ちを持ってて

こんな風に書くとなんだか変な感じだけれど、人に対して苦手意識があったり

話すこと自体が億劫だったり、変に気を遣ったりすることが多く

またもうひとりの客観的な自分が、いつも物事をナナメからクールに眺めてるので

あまり人と積極的に関わろうとしていなかった。

自分の本質的な部分は変わっていないと思うし

人と慣れるのに時間がかかるのも同じだと思うので

単にようやくこれだけの時間がかかって、皆に慣れてきたというか

親近感を持てるようになったのかもしれない。

そうやって考えると、自分は人並み以上に、すごく時間がかかるのだなと思う。

何かを乗り越えるのも、何かに慣れるのも。

とりあえず今、なんだか毎日が地味に、楽しいなと思う。




2016.07.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

photo is






過去に数回参加したことのある、photo isの写真展。

今週末から東京会場の展示がミッドタウンで始まる。

去年も今年も、わたしは参加しなかった。

この展示では過去にポートレートで参加したのだけれど

去年も今年もぱっとした写真が撮れていなかったから。

今年はどうしようかな。見に行こうかな。

本当は人をちゃんと撮りたい。

納得できる人物写真を撮りたい。




2016.07.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

明け方の夢






夢なのに筋も通ってるし、自分の言ってるコトバもあの人のコトバも鮮明だった。

つるんとした色白のあの人の頬とか、あまりにもリアル過ぎて気持ち悪いほどで

もう8年も経つのに、なんで未だにこんな夢を見るんだろうと思った。

唯一の救いは、その夢を見た後に落ち込んだりするのではなく、悲しくなるのでもなく

もうウンザリだと思ったこと。

夢占いとやらで調べてみたら、例え今の生活が充実していようと

別れた時のショックを潜在意識はいつまでも覚えていて、一生傷ついたままなのだとあった。

そういえば以前に占師さんにみてもらったときも、同じことを言われた。

潜在意識では深く傷ついていて、自分を責めていると。

じゃあどうすれば良いんだと、逆ギレしたくなった。

傷が付いてしまったものは仕方がないじゃないか。望んでそうなったわけじゃない。

感じるということに関して、それをコントロールする術などわたしは知らない。

7月という月が、色々な意味のある月だからなのかもしれないと思って

自分を納得させてみる。




2016.07.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと






バイト時代の友達と、久しぶりに会ってきた。

オサレなカフェでランチして、お互いいっぱいおしゃべりをして。

彼女とは長い付き合いだけれど、おっとりとした話し方やちょっと天然なところや

よく笑うところとか、結婚して子供ができても昔からずっと変わらなくて

彼女が彼女のままで居てくれてるところが、すごくイイなと思った。

一緒に居て心地よく、楽しい時間も昔から変わらない。

最近、人と一緒に居ることが楽しいなと、よく思う。

なんというか、ひとりで過ごす時間も多くあるからか、今は人と一緒に居る時間が楽しい。

来月1泊だけれど、久々のひとり旅をするのだけれど、ワクワクする反面

ひとりで寂しくないだろうかと、珍しくそんな弱気な気持ちもあったりする。

きっとそれは、今年の旅行の際に一緒に相手をしてくれた人達がいてくれたからで

楽しく豊かな時間を、作ってくれたからだと思う。

人と一緒にいる時間は楽しいのだと、教えてくれたからなんだと思う。

距離感とバランスを常に考え意識しているので、人に依存することはないけれど

人を求めることも、ひとりの時間を過ごすのと同じくらい、大事なんだと思う。




2016.07.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

七夕の日の願い事






毎年七夕は梅雨の時期なのもあって雨なのだけれど

今年は珍しくお天気。

織姫と彦星は、会えたのだろうか。

短冊に願い事など書いてはいないくせに、今日ならば願い事が叶うのだろうかと

便乗した気持ちになって思う。

これで良いのだと思ったとしても、これで本当に良いのだろうかと思う気持ちも、拭いきれない。

何もしなかったわけではなく、むしろ自分の尻を叩き、色々な人達と出会ってきたのに

結局残ったものは虚しさだった。

人生の醍醐味というのは、共に怒ったり泣いたり笑ったり喜んだり、そんな感情を共有して

時にケンカもするけれど仲直りをして、人生の出来事を誰かと共にし、そこにささやかな喜びと

健やかな愛を感じることなんじゃないかと、ふと思ったりする。

そしてそれが、わたしが求めているものなんだと思う。




2016.07.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

在る






数日前の明け方、寝ながら泣いていることに気付いて、目が覚めた。

昨晩はとあるCMを観て、また泣けてきた。

涙を流すことには、ストレスを発散させたり軽減させたりする効果があるらしく

コトバにできない想いがあると、昔から涙を流していた。

でもそうではなく、やっぱり心の中には寂しいという気持ちが、あるんだろうなと思う。

記憶が薄れてきて想い出が断片的になってくるのに

幸せであったということと楽しかったという想いだけは

年数がどれだけ経ったということとは関係なく、心の中に染み付いているように思う。

きっとこの種の寂しさは、ずっと自分自身と共に在る。

ひとりじゃなくなったら、この寂しさは消えていくのだろうか。




2016.07.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR