復活






写真のストックが尽きてきたので、数年前のデジ写真を出してみる。

モノクロも良いな。というかデジも良いな。

急に寒くなってきましたね。

羽毛布団に変えたら、睡眠ライフが格段に素晴らしくなりました。

友達からいただいた冷えとりの靴下、これもまた感動的に温かい。

その上ふくらはぎも冷えるのでレッグウォーマーまではいてるので、鬼に金棒。

先週末診察に行ってきたら、喜ばしくひと安心な結果を聞き

また皮膚トラブルだった原因と対処法も分かって、今はもう復活しました。

今は控えているお酒も、来月から解禁しようかなと。

病気になって辛かったことよりも、人の優しさを感じられて嬉しかった事の方が多かったし

身体がちゃんと、わたしの考え方とメンタルの持ちかたに応えてくれて頑張ってくれた

本当に恵まれているしありがたいし、幸せだなとつくづく思う。

これからは身体のことも今まで以上に労り、今まで以上にすべてのことを

楽しんでいこうと思う。

おしゃれも楽しみたいしね。欲しいものもたくさん。

今年はちゃんと紅葉してくれるかな。

まずは秋写真を撮りたいな。




スポンサーサイト

2016.10.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

stay home






自分が病み上がりだという意識が薄く、退院した日も含めて1週間

毎日出歩いていたら、とうとう先週末、体に色々不具合が生じてきた。

自宅療養の期間を、家でじっとしているのはモッタイナイ

という貧乏根性もあったんだと思う。

病人気分を味わいたくない、という気持ちも大いにあった。

けど体の不調や不具合は、体からの疲れのサインであると同時に

神様から「今やってることはちょっと違うんじゃないか」と言われてるんだなと思い

次回の先生の診察までは外出せず、じっと大人しくして過ごすことにした。

読書したりテレビ見たり、かなりのグウタラ具合。入院していた時とほぼ変わらず。

入院していると、自分は病人なんだからお世話してもらうのも仕方ないという

ある種諦めのような気持ちがあるので、いつも受身で気兼ねなくグウタラできるけれど

家にいると、自分でも何か出来ることがあるだろうに、それを積極的に出来ず

体を休ませておくグウタラでいることが、どうにも居心地が悪いというか。

出来る範囲ではやっているのだけれどね。

先週末、会社に顔を出しに行ってきた。

上司やチームリーダー、仲間たちの顔を見て少しだけ話しをしてきて

なんだか嬉しかった。

手術した人とは思えない血色の良さ、と言われ安心した。

何はともあれ、きっと少しずつ回復してくるだろうからね。

根気良く気長に待たねばね。

友達に手紙を書いたのだけれど、それすら出しに行けず。

まぁ行けなくもないけれど、とりあえず大人しくしておきたくて。

元気になったら行きたい場所たくさん。

今から楽しいことを考えておくぞ!




2016.10.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

不完全でも良い






退院した直後、ハイペースで動いてしまったからか

外出すると、帰宅する頃には疲れてしまう、ことが気になっていた。

早く体力をつけたいがため、早く元の生活にもどりたいがため

の行動だったのだけれど、考えてみれば手術してからまだ2週間。

そんなにすぐに体力が戻るわけじゃないし、身体の中をいじってるのだから

疲れやすくなって当然じゃないかと、考えを改めるようにした。

しかも昨日、今日なんて季節外れに暑いのだしね。

ただそうは言っても、外出する意欲がないとかではないし、無気力ではないので

自分の身体とうまいこと折り合いをつけて、やって行こうと思う。

電車に乗って、疲れてしまって座ったって良いじゃないか。

まだ自分は病み上がりなのだから。

まだ不完全だって良いじゃないか。

そう自分に言い聞かせている。




2016.10.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

お散歩日和






安静に療養していなくちゃいけない反面、やっぱり体力もつけたいので

なるべく歩くようにしている。

一日家でじっとしている、というのがニガテなようで

とりあえず毎日歩くようにしている。

退院した日も近所を1時間近くかけて散歩し、翌日は地元で友達と会い

ランチ後に近所をおしゃべりしながら、ゆっくり2時間近くかけてお散歩してきた。

その日の夜は筋肉痛になった。

さすがに10日間近くまともに歩いていなかったので、筋肉量が落ちるのだね。

今日も快晴で気持ちよかったから、お散歩をしてきた。

歩く速度は以前より劣るし、体力もまだ落ちているなーと実感。

けど食欲もあるし、体調も良好なので、少しずつ食べて体重を戻すことが目標。

病院の食事は流動食→三分粥→五分粥→全粥と少しずつ昇進していたのだけれど

毎回完食していたにも関わらず、カロリーが低いために毎日少しずつ痩せてしまい

これはいかんと思い、今は普通に食べている。

なので、少しずつ体重も増えてきている。

お休み期間に、せっかくなので無理しない程度に、おでかけもして

体力をつけていきたいなーと思っている。




2016.10.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

前向き思考






落ち込んだりマイナス思考になったり、暗い気持ちでいると

免疫力も下がるし楽しくないし、良いことなど何一つない

ということに病気になって気付かされ

そして前向き思考に切り替えるようになったら

面白いほど楽しいことや嬉しいことや、ありがたいことばかりが起こるようになった。

入院する時、実は一番不安だったのが、夜中のお手洗い。

病院の夜中のお手洗いなんて怖くて、ひとりで行けない。

どうしよう・・と割と本気で思ってたら、なんと病室はお手洗いのすぐ側の部屋だった。

部屋のベットの位置も窓際だったので、外の景色が見えたし、夜景もとてもきれいで

明るい雰囲気だった。

しかも割と高層階の病室だったので、余計にきれいな景色を見ることができた。

術後翌日は麻酔と痛み止めの副作用に苦しんだけれど、痛み止めの薬を止めてもらったら

以降嘔吐も収まり、毎日少しずつ身体が回復していく様子が、驚くくらいよく分かった。

だから予定よりも早くに、退院することができた。

物事を受け入れる、ということは、ナカナカ難しいことだと思う。

実際どうしたら、受け入れがたい出来事を受け入れられるのか

魔法のような方法など、ないのかもしれない。

でも、わたしが思うに、マイナスな部分に気持ちをフォーカスするのではなく

自分が今出来ていること、自分に今あるものの方に気持ちをフォーカスして

それが出来ていること、今あるものに、心から感謝をする。

ありがとうございますと、何回も何回も、毎日心の中でつぶやく。

嬉しい、楽しい、ツイテルなどのポジティブな言葉を、何回も何回も、毎日心の中でつぶやく。

そうすると、前向き思考になると思うし、良い部分を心の中で自然に

ピックアップできるようになる。

毎日が今は本当に幸せだと思う。日々が楽しい。

生きているって、本当に素晴らしい。




2016.10.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

退院しました。






今日、退院してきました。

術後の経過はすこぶる良好で、食事も毎回完食してるし

何より元気なので、行動範囲が狭いことが窮屈で。

先生は本当は退院予定日を、来週の月曜日にしたかったようで

でも元気なんです、だから金曜日に退院したいんですと、粘りました笑

まぁ先生も、金曜日でも良いんですけどねぇーと言ってくれたので

晴れて退院になりました。

結局2週間の入院の予定を、バッチリ10日で退院しちゃいました。

やっぱり若いってすごいよなぁー、驚異の回復力!!

・・なんて、開腹手術じゃなかったから、回復が早いってのもあると思うけれど。

それにしても、外科の先生たち担当医師がずらっと7名程もいて

毎日の回診には2,3人がぞろぞろ訪れてきてたんだけれど

皆先生たちが若くてかっこよくて優しくて、親しみやすくて

それだけでも幸せでした笑

看護師さんたちも若いのに皆優秀で、本当に心から看護師さんの仕事を

今回改めて尊敬しました。

人が元気になっていくのを支える、素晴らしいお仕事。

入院・手術でたくさんの看護師さんたちにお世話になり

皆さん優しくて、だから落ち込むことなどありませんでした。

病気がわたしを、強くしてくれた。

今日という日は二度とは戻ってこないから、落ち込んでいる時間がモッタイナイ

それだったら、今自分が出来ること、どうすべきなのかを考えるように

思考を切り替えられるようになりました。

これからは自宅でしばらく安静にして、仕事復帰に備えようと思います。




2016.10.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

手術後

写真なしですいません。
先日無事に手術を終えました。
手術後は熱もあったり
痛み止めとの副作用で吐いてばかりで苦しかったけれど
ようやく落ち着いてきました。

今日のお昼には三分粥になり完食。
案外病院の食事は美味しいですよ笑
日に日に回復していくのが自分でも分かって
人間の自然治癒力の逞しさを実感しています。

気にかけてくれている皆さま、いつも本当に感謝しております。
ありがとうございます◎

2016.10.09 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ひとりごと

思いやりと優しさ






来週からの入院・手術のために、またすぐに復帰予定ではあるけれど

仕事をいったんお休みすることにした。

病気の詳細を上司とチームのリーダー達は知ってるけれど

同じ仲間には、病気であることと手術を受けること以外は伝えていない。

変に噂が広がって、あることないこと自分の知らないところで話のタネにされるのが嫌だから。

けれど上司やチームのリーダーには、細かに伝えておくことで

自分が今後も仕事をしていく上でやりやすいだろうし、状態を知っている方も

お互いにとって、スムーズに仕事を進めていきやすいだろうと思ったから。

そんなワケで、わたしの病気の内容を知ってるチームのリーダーは

よくわたしの体調のことを、気にかけてくれていた。

自分のことを、そんなに気にかけてもらえるなんて思っていなかったし

実際現在でも、体調は以前と変わらず元気なので

そんな気遣いがありがたいし、嬉しいなと思っていたら

先日、予想外のもっと驚くような、嬉しいことがあった。

仕事が終わりひと段落していたら、チームのリーダーに呼び出された。

ハテ?なんだろ?と思っていたら、リーダー達がいて、

「これ、お見舞い」と言われ、メッセージカードと大きな紙袋を渡された。

ビックリして思わず「えっーー!!」と大声をあげてしまった。

まさかそんなことをしてもらえるだなんて、予想もしていなかった。

彼女たちは正社員さんで、わたしは派遣の身。

病気でありながら、長期のお休みまでもらえて、仕事を続けられるだけでも

とてもありがたいことなのに、気にかけてもらいお見舞いの品とメッセージカード。

本当に驚いたのと同時に、とてもとても嬉しかった。

カードには、頑張ってください、早く元気になって戻ってきてくださいと

それぞれのコトバが書かれてあった。

感激したのと同時に、こういう想いやメッセージが、わたしの大きなチカラになると思った。

ちなみにお見舞いの品は、Wacoalの前開きパジャマ。

しかもわたし好みのデザインで、ちょうど前開き。

前開きのパジャマを用意するように病院から言われてて、そんなのを当然持っていないので

ネットで購入したのだけれど、値段とデザインを考えるとナカナカ良いのが見つからず

仕方なくまさかの妊婦用のそれを購入したのだけれど、もう1着予備があると良いなと思っていたので

本当にありがたかった。

病気になったことで、わたしは自分の価値というか、そんなことに気付くことができた。

必要とされているから、頑張れる。

このパジャマを着て、少しでも気持ちを上げて行こうと思う。

手術は本当は不安だけれど、アロマオイルを使ったり自分なりにテンションを上げるものを持参して

入院生活を楽しんでこようと思う。




2016.10.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR