お酒を飲んでみた






お酒を飲みたいとちっとも思わないと、退院後そう思ってた。

実際特に飲みたいとも、思っていなかった。

以前先生に、お酒を飲むと下痢することもあるかも、と言われてたので

避けていた部分もあるのかもしれない。

けれど、本当に下痢するのかどうか、飲んでみないと分からないよな、

そしてもし本当に下痢するなら、療養中の今のほうが良いよな、と思い

退院後2週間くらいしてから、ビールを飲んでみた。

うん。おいしい。ビールは美味しいということを、味覚と脳でちゃんと覚えていたらしい。

そして、下痢もしなかった。やっぱり試してみて良かった。

こんな病気になったくせに言うのもなんだけど、もとから胃腸の調子は良かったのだ。

お腹は丈夫な方だと自負していただけあって、スゴイナ、我が胃腸、と思った。

それから、調子に乗りすぎないように、ビールやサワーを飲み始めた。

ついでに言うと、昨晩もビールの小を飲んだ。もちろん、お腹は下していない。

酒飲みではないけれど、お酒を飲んだ後の、あのふわふわした感覚が好きで。

やっぱりわたしからお酒を抜くことは、できないのだなぁ。




スポンサーサイト

2017.02.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 二眼レフ

コニカとミノルタ君






花粉症の季節が、今年もまたやってきた。

この寒い季節というのは、マスクをしていても不自然ではないので

本当にありがたいなぁと思う。

この療養中、近所の外出ならば化粧はせず、メガネにマスクで済ませられるので

本当に楽。

化粧をしないで済むというのは、心底楽。

加えて花粉症で鼻も目も守りたいので、メガネにマスクで外出できる

誰にたいしてか不明だが、真っ当な理由にもなる。


ところで、ここ5年くらいだろうか、ずっと愛用していたコニカ君が壊れてしまった模様。

シャッターの巻き上げレバーというのかな、が動かなくなってしまった。

あーあ、と思った。

けど、わざわざ修理にだすのも面倒だし、どうするかと、一瞬考えた。

そして、ずっと出番がなかったミノルタを愛機にすることにした。



001_convert_20170226140930.jpg




両親が結婚したとき、祖父が贈った品物らしく、数十年の時を経て

見事現代に復活したカメラ。

当初は使っていたんだけど、個人的にコニカ君のほうが好きだったので

ミノルタ君はずっと、お休みさせてしまっていた。

このカメラのレンズはすごい描写をする、ちょっとクセが強かったりするので

それが避けていた理由でもあったりするんだけど。

ただシャッター音は、コニカに比べると比較的静か。

今後はこのミノルタ君を愛機として、また撮っていこうと思う。




2017.02.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

2月22日

001_convert_20170223160948.jpg




昨日の2月22日は、にゃんにゃんにゃんで猫の日であったらしい。

その日限定でKALDIで猫グッズを販売する、という情報を仕入れ

その内容を確認すると、猫の絵をあしらったトートバックに

焼き菓子やら紅茶やらが入ってるらしく、よし、買おう、と即決していた。

しかも個数限定販売で、早く行かないと売り切れてしまうという

消費者の購買意欲を上手にそそるような文句まで書いてあって

ならば朝イチで行かねばと、オープンと同時にお店に向かった。

療養中だったから、平日でも関係なく買えたのはありがたかった。

中身は、紅茶と焼き菓子、チョコレートにミニカレンダーという品揃え。



002_convert_20170223161625.jpg




中身というよりか、バックがメインだったので、十分満足。

ちょっと近所を出歩くときに、これくらいの小さなバッグが欲しかったのです。

焼き菓子も紅茶も美味しかった。

今週はやるべきこと、やらなければいけない手続きなども出来たし

食べる量も以前よりか増えたし、体調もだいぶ良くなってきた。

明日はこのにゃんこトートを持って、ちょっとお出掛けの予定。




2017.02.23 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ひとりごと

看護師さん






休養中の今、もっぱら図書館で借りた本を読んで過ごすことが多い。

最近、ナースについての本を借りてきて読んでいるのだけれど

自分が入院していたときの、看護師さんたちのことが思い浮かんだりする。

彼女たちの仕事っぷりは、本当に素晴らしいと改めて思う。

わたしが入院していた病院には、20代と思われる若い子達が多く

けれど皆頼れるし、自分の身体のことで分からないことを聞いても

すぐにきちんと答えてくれた。

勤務帯は、朝から夕方までと、夕方から深夜まで、それに真夜中から明け方までの3交代制。

毎日、「今日担当の〇〇です」と、担当の看護師さんがベットに来てくれる。

男性の看護師さんも数名居て、その中でも去年の時に担当してくれたメガネ君。

彼はいつもニコニコしていてとても感じが良く、注射を指すのがとても上手だった。

血管が細くなかなか点滴の針が刺さらないわたしの腕に、毎回看護師さんが苦戦するのだけど

前回2度試みても入らなかった時、看護師さんが「別の者を呼んできます。」と言い

ピンチヒッターとして来たのが、メガネ君。

次こそは針を刺さねばというプレッシャーの中、メガネ君はいっぱつで成功。

今回は担当にはならなかったのだけれど、メガネ君が朝の採血に来てくれたとき、ホッとした。

いつもニコニコのメガネ君を見ると癒されたし、何より「彼は注射が上手」とインプットされてるので

針を刺されても痛くないと、分かっているから。

わたしのことを覚えてくれていたのか、「ストマ閉鎖すると皆さん痛いって言いますよね」と

軽くおしゃべりしながら、案の定殆ど痛みを感じず、その上針を抜いた後もほぼ出血していなかった。

メガネ君に担当される患者さんは、本当にラッキーだと思う。

ちなみに、看護師さんとのおしゃべりで知ったことなのだけれど、手術の前に刺す点滴は

万が一の輸血に備えて、太い針を使うそうな。道理で思いきり痛いワケだ。

その後の点滴の針は5日で交換するのだけれど、その時は少し細めの針になるらしい。

それすらわたしの血管は受け入れられず、看護師さんに「もう少し細めの針にしてみます」

と言われてしまったり。

また血圧と体重と熱を自分で計り、食事量やらを自分で管理して毎日シートに記すのだけれど

そこの食事の欄に、「牛乳だけ残しました」を毎回書いていて

ある日担当してくれた、わたしのお気に入りの看護師さんが

「ちょっと気になったんですけど、もしかして牛乳苦手ですか?」と聞いてくれて

「牛乳の代わりにヨーグルトに出来ますけど、そうします?」と言ってくれた。

そんなことが出来るなんて知らなかったので、彼女の気配りにカンゲキしつつ

喜んでそうしてもらった。

看護師さんとの何気ないおしゃべりが、とても嬉しかったりホッコリしたり

精神面でも、とても助けてもらっていたなぁと思う。

アロマのオイルを垂らし、その小瓶を机の上に置いておいたのだけれど

そのことに気付いた看護師さんに、「アロマお好きなんですか?」と聞かれ

「カーテン開けたら良い香りがしたから」とのこと。

聞けば彼女もアロマのインストラクターの資格を持っているとのこと。

そこからアロマの話しをしたりして、嬉しかった。

彼女もよく気づいてくれる人で、わたしのお尻のただれを気にかけてくれて

ワセリンではカバーできないから、もっと効果のある軟膏にしたほうが良いと言ってくれ

結果、現在もその軟膏を使用している。

病気も入院も手術も二度と嫌だけれど、看護師さんたちともう会えないのは

なんだかちょっと寂しいなと、そんなことを思ったりするくらい、とてもお世話になりました。



2017.02.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 二眼レフ

日にち薬






今週は大きく進歩のあった1週間だった。

週明け早々、差し込むような腹部の激しい痛みに襲われたものの

ロキソニン君のおかげで、あっけなく痛みは解消。

翌日には試しにと、お昼を食べに近所に外出してきた。

今まで便秘がちだったり、ガスが溜まりやすかったりで

お腹がぽっこりしてしまうのを気にしながら

食事料はその時々で少なめにしてたのだけれど

この日は、割とボリューミーな定食を、残さず完食することができた。

ご飯は少なめにしてもらったけれど、我ながらビックリ。食べれた。やればできる。

しかもその後もスーパーに寄ったりして、今までで一番長く外出したけれど

結果的に大丈夫であった。

この外出が、自分の中では大きな自信に繋がった。とても嬉しかった。

その代わり、夜ごはんは少なめにしたりして、調整してはいたけれどね。

今日は退院してから初めての先生の診察で、血液検査の結果、感染もしておらず異常なしとのこと。

ならばあの猛烈な痛みはなんだったのだろう・・と、軽く謎は残ったものの

検査結果で異常なしというお墨付きをもらったのだから、こちらもひと安心できた。

先生に「もう仕事始めてるの?」と聞かれ、今月いっぱいはお休みする旨を伝えたところ

「そんなに休むの?!」と驚かれてしまったのだけれど、イヤイヤ待て待て。

身体のリズムをコントロールできるようになるまでは、そんな早くに復帰はできないのですよ。。

と思ったものの、ぐっと飲み込む。

先生的にも世間一般的にも、前回の手術の方がはるかに大変だったのだろうけれど

わたし的には、今回のほうがはるかに大変なんですと、色々訴えたい気分。

けれど、日にち薬なんだろうなと思う。

来週はもう少し外出する日や時間を増やして、仕事復帰に備えようと思っている。

なにはともあれ、毎日を気持ち良く過ごせていることが、本当にありがたいなぁと思う。




2017.02.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 二眼レフ

引き取り手






創部の痛みも、だいぶ落ち着いてきたし

少し歩かないと、腸も動いてくれないのではと思い

昨日今日とお天気の暖かいうちに、近所を散歩してきた。

メガネにマスクのニット帽で、見るからに怪しい人になっていたけれど

久しぶりのお散歩は気持ち良くて、わずかの時間でも外出できたことを

心から感謝して幸せに思った。



入院していた時に、持参した本。

読み終わった本を、この前遊びに来てくれた友達が、もらってくれた。

本は買えば当然増える一方なので、モノを増やしたくないわたしにとって

読み終わった後始末に苦慮する。

もちろん手元に残しておきたい本もあれば、もう不要だと思う本もあって

売りに出したところで、わずかな金額にしかならないのであれば

友達や姉にあげたほうが、よっぽど有意義。

同じように、捨てるには新品でもったいないけれど、もう着ない洋服も

姉や友達に、もらってもらってる。

先日の友達も、本だけでなく洋服も、持ち帰ってくれた。

こうして着てくれる人に渡したほうが、こちらとしても気分が良い。

モノが増えたかなと思ったら、なるべく整理して片付けるようにしてる。

お休み期間中にまた、身の回りにあるものの見直しをして

片付けをしていこう。




2017.02.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

友達と






昨日は、友達が遊びに来てくれた。

まだ外出するには万全じゃないので、彼女にうちに来てもらった。

簡単だけれどランチを作り、食べながら、お茶を飲みながらのおしゃべり。

子持ちの人はママ友やら子供のこととか、それなりの悩みがあり

わたしは悩みらしい悩みが、今のところコレといって無いけれど

彼女の気持ちが、理解できる気がした。

けど、解決できることとそうでないことがあって、解決できないものなら

悩んでいたって仕方がないし、ある種どこかで割り切ってしまわないと、自分が疲弊してしまう。

とにかく話しを聞いて、彼女の気持ちが少しでも楽になったならイイな、と思った。

お土産でプリンやら焼き菓子やら、ルイボスティーやらを頂いた。

ルイボスティーは味にクセがあるので、ちょっと飲みづらかったりするけれど

彼女からのそれは、ルイボスティーにアールグレイシトラスとやらも混じってて

すーっとする爽やかで口当たりのさっぱりした、とても飲みやすい紅茶だった。

しかも腸内環境を整えて、便秘解消の効果があるそうなので、とてもありがたい。

チーズケーキも美味しく焼けて、彼女に喜んでもらえて、嬉しかった。

ずっと引きこもり生活をしていたので、久々に友達とおしゃべりできて

こちらも良い気分転換になって、楽しかった。

次に会うときは、外でランチできるよう、回復していると良いな。




2017.02.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

つらつらと





久しぶりの雨の日。

寒い日も、ずっと家で過ごしているので、そこまでの寒さを感じることもなく

比較的ぬくぬくしていられるのが、なんとも幸せ。

今朝は前から食べてみたかった、食パンにカットしたバナナを乗せて

トーストしたものを食べてみた。

何かで見たときには、そこにシナモンパウダーだかを振っていて

そんなオサレなものはないので、代わりにはちみつを少し垂らしてみたのだけれど

なんというか、不味くはないのだけれど、もういっかな・・という感じ。

食べることは日々の楽しみのひとつでもあるので、出来るならおいしいものを、毎日食べていたい。

最近むしょうに食べたくなるのは、ほかほか握りたてのおにぎり。

美味しいおにぎり屋さんがあるので、そこのでっかいおにぎりが好き。

ケースに品物がなければ、その場ですぐににぎって作ってくれる。そんなおにぎり。

午後は今日、チーズケーキを焼く予定。簡単で美味しいチーズケーキ。

かつてバイト仲間だった人に、教えてもらったレシピで

あまりにも簡単かつ美味しいので、今までも何度も焼いたことがあるけれど

友達にも食べてもらうようなので、ちゃんと作らないと。

そうやって腸を少しずつ慣らしていって、後少し体重を戻したいなぁ。




2017.02.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

少しずつ






頼んだスニーカーが届いた。

真っ白なスニーカーは、見てるだけで清々しく、爽やかな気持ちになってくる。

早く履いて、おしゃれをして出かけたい。

今朝、チームリーダーから、大丈夫ですか?というメールが届いた。

彼女はチームリーダーだけれど、それ以上にずっと前から好きな人だったので(変な意味ではなく)

気にかけてくれていたのが、とても嬉しかった。

友達からも昨日、退院おめでとうという、お手紙が届いた。

そういう気遣いや優しさが、本当に嬉しくて、二人にはさっそく返事を出した。

少しずつ少しずつだけれど、日々前進している感じがする。

底を知っているので、それに比べたらと考えると、今はだいぶ楽に生活ができている。

本当にありがたい。昨日より少し良くなってること。

できたことにたくさん感謝して、幸せだなぁと感じている。

病気になって良かったなんて少しも思わないけれど、人の優しさを前より強く感じるし

ささいなことに感謝する気持ちが増えたし、幸せだなぁと感じる機会も、格段に増した。

ありがとうという想いが心の中にたくさんあることは、それだけで満たされ、豊かな気持ちになる。

今までの自分よりか、今頑張ってる自分の方が、はるかに好きだ。

そう自信をもって言える。

少しずつ少しずつ。

毎日を朗らかに、前向きに過ごしていきたい。




2017.02.08 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ひとりごと






入院中、暇を持て余していたのもあり、コンビニに雑誌を買いに行った。

普段、写真雑誌以外で雑誌を購入することはほとんどなく

どれを買ったら良いかなと軽く迷いつつ、好みなのを見つけ購入。

今はやりの、雑誌にバッグも付いてくるタイプのもので

しかもそれが、生地のしっかりした白い小さめのトートバッグで

去年の夏くらいからちょうど白いそれが欲しかったので、若干ウキっとした。

雑誌の中身も好みな内容。

白いバッグがあるなら、白いスニーカーも欲しいなーと

こちらもずっと前から探してて、でもナカナカ好みなものに巡り合わなくて

雑誌を見てたらちょうど、白いスニーカーがいくつか掲載されていた。

その中に、またしても良さげな感じのモノを発見。

お値段もお手頃。よし、買おう。即決。

しばらくお買い物は控えようと、手術の前は思っていたけれど

これだけ辛くて大変な思いをしたんだから、少しくらい自分をねぎらっても良かろう。

Amazonさんにて、さらにお安く購入。配送料無料のAmazonさん、いつもありがとう。

届くのが楽しみ。このスニーカーと白いバッグを持って外出するのが、もっと楽しみ。

早く安心して外出できるように、なりたいな。




2017.02.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき





毎年お誕生日に、おめでとうとメッセージを送り続けられていること。

たやすいようなことだけれど、離れているのにずっと続くその関係性は

ありがたく貴重で、幸せなことなんだと思う。

いつも密に連絡を取っているわけじゃないけど

だからこそ続いている関係性が大切だと思うし、貴重だと思うし

自分は忘れられていないんだ、と思えて感激したりする。

知り合ってから5年の歳月が過ぎて、お互いに歳を重ねているけれど

君となら、歳を重ねた分だけの、深みのある関係性が築けるのだと、勝手に思っている。

また再会できたら、いいな。




2017.02.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

味覚の変化






自宅療養2日目にして、早くも飽きた。

インドア派を自称しているくせに、じっとしているのもニガテ。

まぁそう思えるだけ元気なのだから、ありがたいことなのだけれど。

病院から帰ってきて気付いたのだけれど、あれだけ好きだったコーヒーと

あれだけ好きだったビールを、ちっとも飲みたいと思わなくなった。

前回の入院の時は、帰ったら焼きたてパンと美味しいコーヒーを飲みたい

と思ってたくらいなのに、何故だか今回、コーヒーに全くそそられない。

試しに今日コーヒーを飲んでみたけれど、うーーん。。。という感想まで持つ始末。

今まで飲んでいたコーヒーの代わりに、今はレモングラスのハーブティーを飲んでいる。

そもそもレモングラスのハーブティーにはまったのは、アロマのスクールに通っていたとき

先生の旅行のお土産でいただいたそれを飲んで、その香りと口当たりの爽やかさから

すっかり気に入ってしまい、以降、自分でも買って飲むようになった。

改めて効能を調べてみると、レモングラスのハーブティーには、胃腸の調子を整える作用があり

食べすぎによる胃もたれ、お腹のガス抜きなどに効果が期待できるようで、

胃腸の調子を整えるのは知っていたけれど、ガス抜き効果もあるのは知らなかった。

ということは、身体自身が本人の意思よりも、身体にとってプラスに働く方を好んでいるのだろうか。

ビールもこれっぽっちも飲みたいとも思わない。不思議。

とりあえず、身体がそれを求めているのであれば、大人しく従っておこうかな。

ということは、またネットショッピングでレモングラスのハーブティーを

ポチポチしちゃうってことかしら。




2017.02.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

サプライズな






久しぶりに自分のベットで眠れたため、昨晩は思ってたよりかちゃんと寝れた。

やっぱり自宅が一番良い。

痛みもあるし身体のペースに慣れていないので、家の中にこもっているけれど

それでも自宅が良い。当り前だけれど。

京都に住む看護師をしている友人に、退院報告のメールをした。

彼女には色々と相談に乗ってもらってたし、彼女がいてくれたことで、とても心強かったから。

現在の状況やらを話した後、彼女の恋バナを聞かせてもらった。

自分を含め、周りにそんな浮いた話しが殆どないため、恋バナはとても新鮮で

早く彼女に会って、色々おしゃべりしたいなーと思ってたら

今月予定が立てば、彼女がわたしに会いに来てくれることになった。

それが、驚いたと同時に、とても嬉しかった。

今まで何度も、彼女とは東京で会っていたけれど、たいてい彼女が他の用事で

こっちに来てる時に会ってたのであって、わたしに会うこと自体が目的なことは

あまりなかったので、わざわざ会いに来てくれる、その気持ちが、とても嬉しかった。

それまでにはある程度良くなっていると思うし、きっと彼女に会える。

彼女の女子力をもらってきたいし、何より、とにかくたくさんおしゃべりがしたい。

焦っても仕方の無いことだから、一歩ずつ、少しずつ。

確実に日々、回復しているのだから。




2017.02.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 二眼レフ

退院しました

000029_convert_20170122183930.jpg




今日、無事に退院してきました。

今回の手術は前回に比べると、先生曰く「簡単」だったらしいのだけれど

その後の回復は、わたしにとっては前回よりも大変でした。

創部を敢えて縫わず、回復するに従って、お肉が盛り上がってきて塞がるようにするため

痛みとの戦いでした。

今も痛みは消えず、薬で抑えている状態ですが、それでもだいぶ楽になりました。

お腹から袋が消えた、というだけでも、元の体に戻れて、とっても嬉しいデス。

体重はやっぱり痩せてしまい、これから少しずつ元の体重に戻せるよう

よく噛んでゆっくり時間をかけて、少しずつ量を食べれるようになりたいです。

今回の入院病棟が、前回と同じところだったので、顔見知りの看護師さんも数人いました。

しかも前回術後のしんどい時に担当してくれた、若くて可愛いくて丁寧な看護師さんが

今回も術後の嘔吐と戦ってる時に担当してくれて、嘔吐が収まり気分が良くなったときに

「前回も術後の時に担当してもらったんですよ」と彼女に言うと

もちろん彼女はそんなこと覚えてはいなかったけれど、わたしが彼女に

「丁寧な方だなーと思って、覚えていたんです」と話したことをきっかけに

彼女と廊下で会えば声をかけてくれたり、その後も担当してくれた日があったり

結局今回の入院で、彼女が担当してくれた日が3日間もあり、その日はとても嬉しく気分も良かったです。

6日間で退院してやるぞ、と意気込んでいましたが、結局倍の12日間の入院でした。

ガスがなかなか出ずに、まるで妊婦のようなお腹になってしまい、せっかく始まった流動食から

また絶食に戻ってしまい、下剤や痛み止めやガスを出しやすくする薬やら

毎度薬が食事代わりになったときは、さすがにちょっと辛かったけれど

とにかく元気になれたことが、本当に嬉しいです。

これからは真面目に?自宅療養しようと思います。




2017.02.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR