FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

看護師さん






休養中の今、もっぱら図書館で借りた本を読んで過ごすことが多い。

最近、ナースについての本を借りてきて読んでいるのだけれど

自分が入院していたときの、看護師さんたちのことが思い浮かんだりする。

彼女たちの仕事っぷりは、本当に素晴らしいと改めて思う。

わたしが入院していた病院には、20代と思われる若い子達が多く

けれど皆頼れるし、自分の身体のことで分からないことを聞いても

すぐにきちんと答えてくれた。

勤務帯は、朝から夕方までと、夕方から深夜まで、それに真夜中から明け方までの3交代制。

毎日、「今日担当の〇〇です」と、担当の看護師さんがベットに来てくれる。

男性の看護師さんも数名居て、その中でも去年の時に担当してくれたメガネ君。

彼はいつもニコニコしていてとても感じが良く、注射を指すのがとても上手だった。

血管が細くなかなか点滴の針が刺さらないわたしの腕に、毎回看護師さんが苦戦するのだけど

前回2度試みても入らなかった時、看護師さんが「別の者を呼んできます。」と言い

ピンチヒッターとして来たのが、メガネ君。

次こそは針を刺さねばというプレッシャーの中、メガネ君はいっぱつで成功。

今回は担当にはならなかったのだけれど、メガネ君が朝の採血に来てくれたとき、ホッとした。

いつもニコニコのメガネ君を見ると癒されたし、何より「彼は注射が上手」とインプットされてるので

針を刺されても痛くないと、分かっているから。

わたしのことを覚えてくれていたのか、「ストマ閉鎖すると皆さん痛いって言いますよね」と

軽くおしゃべりしながら、案の定殆ど痛みを感じず、その上針を抜いた後もほぼ出血していなかった。

メガネ君に担当される患者さんは、本当にラッキーだと思う。

ちなみに、看護師さんとのおしゃべりで知ったことなのだけれど、手術の前に刺す点滴は

万が一の輸血に備えて、太い針を使うそうな。道理で思いきり痛いワケだ。

その後の点滴の針は5日で交換するのだけれど、その時は少し細めの針になるらしい。

それすらわたしの血管は受け入れられず、看護師さんに「もう少し細めの針にしてみます」

と言われてしまったり。

また血圧と体重と熱を自分で計り、食事量やらを自分で管理して毎日シートに記すのだけれど

そこの食事の欄に、「牛乳だけ残しました」を毎回書いていて

ある日担当してくれた、わたしのお気に入りの看護師さんが

「ちょっと気になったんですけど、もしかして牛乳苦手ですか?」と聞いてくれて

「牛乳の代わりにヨーグルトに出来ますけど、そうします?」と言ってくれた。

そんなことが出来るなんて知らなかったので、彼女の気配りにカンゲキしつつ

喜んでそうしてもらった。

看護師さんとの何気ないおしゃべりが、とても嬉しかったりホッコリしたり

精神面でも、とても助けてもらっていたなぁと思う。

アロマのオイルを垂らし、その小瓶を机の上に置いておいたのだけれど

そのことに気付いた看護師さんに、「アロマお好きなんですか?」と聞かれ

「カーテン開けたら良い香りがしたから」とのこと。

聞けば彼女もアロマのインストラクターの資格を持っているとのこと。

そこからアロマの話しをしたりして、嬉しかった。

彼女もよく気づいてくれる人で、わたしのお尻のただれを気にかけてくれて

ワセリンではカバーできないから、もっと効果のある軟膏にしたほうが良いと言ってくれ

結果、現在もその軟膏を使用している。

病気も入院も手術も二度と嫌だけれど、看護師さんたちともう会えないのは

なんだかちょっと寂しいなと、そんなことを思ったりするくらい、とてもお世話になりました。



スポンサーサイト

2017.02.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 二眼レフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。