FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ゆるくなる






先日会社で席替えがあって、自分の周りの席の人たちの顔ぶれが変わった。

皆派遣さん同士だし、おしゃべりできる人たちなので良いのだけれど

そこで新たな現実にぶつかった。

これはもう癖というか性格的な部分が大きいので、本当に毎回自分自身で疲れるのだけれど

周りの人たちの誰と誰がしゃべり、誰が会話から抜けているか、というのが

自分のことも含めて、すごく気になってしまう。というか見えてきてしまう。

もっというと、いつもおしゃべりな人が静かにしていると、今日この人元気がないなどうしたのかなとか

そんなことにまで気がついてしまい、だからそんなこと気にしなくたって良いんだよと我ながら思うし、

そんなことで心が疲れてしまうのはアホらしいとも思うのだけれど、そんなことでしんどくなることが多い。

自分自身のことを省みると、もともとおしゃべりな性質ではないし、1対1の会話は平気だけれど

そこで複数人での会話となると、どうやって入っていって良いのかすっかり分からなくなる。

複数人で話していると、途中で会話に入ってきた人が、自分の方に会話を持っていったり

そんな時、いやいやあなたと話してるワケじゃないし、会話泥棒やめてくださいと思うことが

過去に幾度かあったため、自分もそうなりたくないと思うと、自然に会話に入っていくことができない。

ヤバイ、こんなことでしんどくなってる場合じゃないと思うと同時に、上手に会話に入っていけない自分に

自分でも思っていた以上の悔しさを感じて、本当にくだらないのだけれど

悔しさのあまり涙が流れてきてビックリした。もちろん会社でではなく、帰宅した家でひとり反省会をしていた時。

その時初めて、自分で押さえつけていた本当の本音が、底の方から吹き出してきた。

強がりを言うことは簡単だけれど、そうやって自分の気持ちをごまかし続けたところで

本当の想いや欲望は消えることはないし、むしろ気持ちをずっと抑圧し続けていくと

自分でも本当の気持ちがどっちなのか、わからなくなっていく。

わたしはひとりで居る時間が昔から多かったし、昔から友達も少なかったし

昔から人付き合いも下手な方だった。

だから寂しい気持ちを味わうことなんか日常茶飯事だったし、だからこそ

わたしはひとりでも平気だと思うことで、自尊心を保ってきたんだと思う。

ひとりで居るほうが楽なこともあるし、絶対的にひとりが寂しいとは思わない。

けれど、人との会話やコミュニケーションをとることで、心が満たされていくのは事実だし

自分を認めてもらっているのだなと、確認できる安心感があるのもまた事実。

自分を変えるのではなく、こうあるべきという、がんじがらめになってる価値観を少しだけ緩めたり

もっと自由になって良いのだと、自分で自分をコントロールしている手綱を緩めることも

わたしには必要なんじゃないかなと思う、最近なのでした。




スポンサーサイト

2017.07.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。