FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

安堵






先日、自治体の乳がん検診を受けてきた。
半年に一度、病院でCT検査を受けているので
それで全てをまかなえると思っていたのだけど
実際どこまでの臓器がCTで判別できるのか、定かじゃなかったのと
自治体からのは検診無料のクーポンが届いたので、無料なら受けようか
という、ごく軽い気持ちから。

マンモグラフィーを受けて、先生の診察があり
ちょっと気になることを言われたけれど、大丈夫だろうと思い帰宅した。
後日結果が届いて開封すると、要精密検査の文字が。
石灰化してるその種類が記載してあり、気になったので記載の言葉を検索したら
悪性よりの石灰化の種類であることが判明した。
一気に嫌な汗をかいた。
またがん⁈わたしだけなんで⁈去年直腸やったばかりなのに…
と、もうがん確定だと思い込んでいた。

手術してとってしまえば大丈夫、しこりの無い状態だから早期のはず
でも手術の麻酔後の猛烈な嘔吐を、また味わうのか
手術中鼻から喉に通された管が苦しく、泣きながら先生に管を抜いてくれと
訴えたこととか、色々なことをたくさん考えた。

そして昨日、精密検査を受けに同じ病院に行き
今度は超音波で調べてもらったところ、がんではなく
乳腺症だと教えてもらった。
気持ちは高確率でがんだと思っていたから、そうじゃないと聞いて
涙が自然にこぼれてきた。

乳腺科の先生は詳しく教えてくれて、わたしの場合
毎年の検査はマンモグラフィーと超音波の両方を受けた方が良い
と言われてきた。

命をまた救われた思いだった。
これで旅行にも行ける、ヨガも始められると
安堵した昨日だった。

健康であることの大切さを、また感じた経験だった。


スポンサーサイト

2017.09.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | iphone

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。