2018年スタート





明けましておめでとうございます。

今年も気の向くまま、つらつらと書いていこうと思います。

年末年始、今年も家族とゆっくり過ごせて幸せだった。

今回の紅白は、ウッチャンの司会の上手さに感動しまくりで

毎年彼が司会をしてくれれば良いのにと思う程、本当に良かった。

年が明けて、姉とふたりでバーゲンに行き、お互いなんとなく気に入ったものを購入し

そう言えば買い物に誰かと一緒に行くのなんて、本当に久しぶりだなぁと思ったのと

洋服選びで散々失敗した経験を生かして探していると、ナカナカひっかかるモノに出会えず

ま、いっか的に選んだセーターを購入した。

帰り道、目の前にデッカイまん丸の大きな月がハッキリ見えて

そう言えばこれは、スーパームーンという噂の月ではないかと思い出し

こんな美しい月を、買い物の帰りすがら、しかも新年早々に姉とふたりで見れたことが

とても幸運で幸せなことだと喜びまくって、帰宅した。

お酒も量は全然少ないけど毎日飲み、そこそこの食事をし、若干重たくなった身体で

年明け初仕事を迎えた。幸せこの上ない。

体重も今じゃすっかり元に戻り、せっかく痩せたのに・・という気持ちもあるものの

健康的に痩せたワケじゃないから、今くらいでちょうど良いじゃないかと、思うようにしてる。

病気をしてから体重の変化には、美容的な観点からではなく健康面での観点から

毎日体重計に乗って気にしているのだけれど、やっぱり食べる量に気を付け

お菓子を食べ過ぎないことが、すごく大事だと実感する。

今年も健康第一で、家族の時間を大切にし、友達ともたくさん遊んで

大切な人たちの写真を、撮っていきたいと思う。




2018.01.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

あっという間に年末

000015_convert_20171230125347.jpg




前回の記事を書いてから、美容院に行ったり、友達に会ったり忘年会したり

病院に行ったり、家族とクリスマス会をしたり、買い物に行ったり

大掃除をしたりしてたら、なかなか余裕がなく、あっという間に30日を迎えてしまった。

先月の大腸内視鏡検査の時、先生から、組織の一部を採取したので病理検査に出すから

またその結果を聞きに来てください、と言われていて、大丈夫だろうと思いつつ

組織を採ったってことは、なんかあったのかな・・と多少の不安もあり、結果を聞きに行ったら

心配することは無いので大丈夫だと、先生に言われて、ホッとひと安心した。

これで心から安心して新しい年を迎えられる。

今年一年振り返ると、一番の想い出はやっぱり、両親と行ったハワイ旅行。

自分も病気をしたり、両親もだんだん歳を重ねてくると、「今、此処」に意識が強く向くし

一緒に過ごす時間や日常の何気ない瞬間、楽しい時、それらを本当に大切なものだと

愛おしく感じるようになった。「今」は二度とは訪れない時間であり、だからこそ

「今」あるこの時間を、きちんと味わい尽くそうという、強い気持ち。

年明けに人工肛門閉鎖手術をして、お腹から袋が外れて、元の身体に戻ったことから始まり

今年も幸せで楽しい一年だった。

そして元気に40代を迎えられたことで、30代の時にしんどかったこと全てから解放され

今思うと当時のことさえも、大事な自分の人生を彩る一部だったのだなと

少し俯瞰して、捉えられるようになった。

これからも続く長い人生の中で、苦しいことや辛いことが起こったとしても

大切なのは、そこで自分の人生を他人と比べて、腐らないこと

どのタイミングで試練が訪れるかは、きっと人それぞれで、早い段階の人もいれば

人生後半戦で訪れる人だっていると思う。

わたしの場合は30代という、比較的早い段階で訪れたことで、多少の心の耐性はついたし

もう後は良いことしか起こらないだろうという、妙な自信も生まれた。

何よりも、生きていくことに希望を持てたこと、生きていることに心からの喜びを持てたことが

試練を通ったあとに得られた、最大級の贈り物だと思っている。

幸せを測る時に必要なのは、今自分が何を手にしているか、ではなく

今自分が得ているものの中で、いかに幸せを感じられる心を持てるか、なんだということを

強く学んだ一年だったようにも思う。

この気持ちを書き綴ることで、今後もしまた試練が自分自身に降りかかったとしても

それを少しでも楽に超えていける、お守りにしたいと思う。

それでは、皆さんも心温まる年末年始をお過ごしください。

今年も一年、ありがとう。




2017.12.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

初めてのハワイ






ハワイなんて日本人だらけだし、米ドルだから物価が高いし

正直行きたい気持ちにもならなかったのだけれど

父の親戚がハワイに住んでいることがキッカケになり、是非ハワイに行こう

計画が両親の中で盛り上がり、もちろん空港や現地での各種手続き等

両親だけですることは困難なので、わたしも同行するカタチになった。

両親との海外旅行は実は今回で4度目だし、今回はわたしの意に反する国だったけれど

病気をしたことでかけた迷惑に対する恩返し、そして親孝行になれば良いなという気持ちから

また自分自身も海外旅行は本当に久しぶりで、どれだけ久しぶりなのかというと

自分が海外に行く、又は住んでいるという設定の夢を、ここ数年ずっと見ていたことから

海外旅行に行けるという嬉しい気持ちが、少しずつ高ぶっていった。

父の希望は、使う航空機は日系の会社であること、そして海の見える部屋。

また両親それぞれの行きたい場所があり、それらは各種オプショナルツアーで申し込んだ。

旅行会社で航空機とホテルのセットツアーで予約をしたのだけれど、日本航空の

プレミアムエコノミーシート、での予約となった。

最近できたシートらしく、ビジネスよりは劣るけれど、エコノミーより多少は良い席らしく

確かにシートの感覚はエコノミーみたいに窮屈ではなく、ゆったりした感じで

高齢の両親には長い飛行時間を快適に過ごせたようで、ふたりともとてもご満悦だった。

しかもプレミアムエコノミーシートの乗客は、出発前の空港で専用のラウンジを利用でき

その広く落ち着いた素敵な空間では、お酒を含めたドリンクや、ちょっとしたクッキーやおつまみが

自由に無料で飲み食いできるという、リッチで夢のような気分を味わえる特典があった。

両親のためにと思っていた旅行だったけれど、最終的には自分も思っていた以上に楽しんでこれた

ハワイ旅行だった。

20代の頃はタイにはまり年に数回は行っていたし、その後もワーホリでニュージーランドに行ったり

オーストラリアに行ったりしていたので、海外に行くということは自分自身にとっては

とても身近なことであり、それはもはや生活の一部になっている状態だった。

なので数年海外に行かなかっただけで、きっと自分の中の何かが欠乏していると

無意識のうちに感じていたのかもしれない、だからずっと海外に自分がいる夢を

見続けてきたんだと思う。

ハワイ旅行の詳細は、また後日に。




2017.12.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

マハロ!






1ヶ月以上、ご無沙汰しておりました。

前回の記事に書いた便秘に悩まされ続け、そんな状態で1週間両親とハワイに行き

帰国して今度は強力な風邪をひき、喉の痛みと咳、鼻水鼻づまりに熱のフルコースを1週間、

ダラダラと風邪が治らぬまま2週間目の週末には、憂鬱な大腸内視鏡の検査がありと

何かとせわしない日々を過ごしておりました。

とりあえず風邪も治り、大腸内視鏡の検査は、今回は下剤が錠剤だった上

先生がわたしの主治医で、ベテランの腕で検査をしてくれたので、気持ち悪くもならなかったし

痛い思いもしなかったし、地獄の苦しみを知っている大腸内視鏡検査とは思えないほど

楽に受けられました。ホント泣けるほど楽で助かった。

そんな感じで体調も戻り、便秘解消の目処もつき、検査も終了したので

久しぶりにブログ再開します。

ハワイ旅行のことから、少しずつ書いていこうと思います。




2017.12.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Natura Classica つぶやき

初めての経験






週末、CT検査結果を踏まえての診察があった。

半年に一度のCT検査、毎回先生から異常なしの回答を聞くまでは

半分気が気じゃない日々を過ごす。

けれど、その先生の診察が早く終わる日の後には、両親と旅行に行くようになり

今回は新潟に行ってきた。

美味しい食事を楽しみにしているのだけれど、今回思いっきり楽しむことができなかった。

理由は、ばかばかしいようだけれど、謎の便秘。

未だかつて思い煩うほどの便秘をしたことがなく、なぜ今回便秘に悩まされたのか

ハッキリした理由が見つけられなかったのだけれど、とにかく出ない。

出ない日々が一日、また一日と増えて行くほど、不安な気持ちと憂鬱感が増し

食べることへの意欲が低下してしまう。

よく考えると、食べて排泄する、という行為はあまりにも当たり前すぎるけれど

これがきちんと作用しないと、食べることもままならなくなる。

考えた末、薬の力に頼ることにした。

敗北感いっぱいのまま、帰宅途中にドラッグストアに寄り、薬剤師さんを呼んでもらった。

普段ドラッグストアで、薬剤師さんご所望のお声がかかることが少ないからか

若干弾むように嬉しそうに現れた薬剤師さんに、便秘初心者であることを告げ

どの薬を選んでよいのかわからないのだと、相談してみた。

すると、彼は適確な回答をしてくれ、初心者ならば依存性の少ない漢方由来の薬が良い

と教えてくれ、但し腸は大事な臓器なので、薬を飲んでも改善しなければ、

病院で診察してもらってくださいと、きちんとアドバイスしてくれた。

こんななまっちょろい薬を飲んで、本当に頑固な便秘が改善されるだろうか・・と

半信半疑な気持ちになりつつ、薬を飲んで早々に就寝した。

すると今朝、きちんと便秘が解消された。心の中ではひとりお祭りモード。

やった!ちゃんと自然な状態に戻った!祝賀ムードでひとり大盛り上がり。

出ないことには食べられないから、たかが便秘と侮れない。

排泄は食事をすることと同じくらい、本気で大事な作用。

とにかく良かった。ひと安心。

そうなると、昨日食べ残してしまった和風キノコパスタに想いがよぎり、

美味しかったからアレ、完食したかったな・・という、未練がましい気持ちになった。

何はともあれ、初めての経験に翻弄された週でした。

これからまたバクバク食べるぞっ!!




2017.10.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | フィルム一眼 ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

:*piro*:

Author::*piro*:
写真とコトバがすき。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR